高い殺菌力と料理での活躍ぶり。グランドカバーにも人気のタイム
NEW

高い殺菌力と料理での活躍ぶり。グランドカバーにも人気のタイム

タイムといえば、「とにかく丈夫。よく育つし虫も付きにくい」と、栽培ビギナーがよく薦められるハーブ。しかも、「どんどん収穫できて使い道が豊富」と聞けば、ビギナーならずとも育てたくなりますよね。

風邪予防にも役立つ、丈夫で育てやすいタイム

190710 コモンタイム.jpg

種なら4~5月、苗なら4月下旬~6月が植えどき。水はけと風通しのよい場所を好むので、梅雨時の多湿は苦手。適度に収穫して、株の内部に風が通すのがポイントです。

タイムには、木立性のコモンタイムと、地面に這ってマット状に広がるクリーピングタイムがあります。いずれもヨーロッパに広く分布。葉の香りが強く、初夏に白やライラック色の花が咲きます。薬用に使われるコモンタイムのチモールという成分には、殺菌・抗ウイルス作用があり、古くから風邪や感染症の予防に用いられたそうです。

肉や魚の臭みを消して風味を底上げ。常備菜にも大活躍

タイムには消化を助ける働きがありますから、煮込み料理で使うブーケガルニや肉・魚料理に使えば、美味しくて身体にやさしい料理になります。タイム 料理IMGP5551.jpg

アサリのワイン蒸しに。タイムを加えると風味がぐっと豊かになります。

また、防腐効果も期待できるので、ピクルスのような常備菜の香りづけにもぴったりです。190710 トマトピクルス.png

トマトのピクルスを漬ける際にタイムを加えるとフルーティーな仕上がりに。

薬用ハーブ園園長おすすめ!タイムのハンバーグ

190710 ill02.jpg

初夏の薬用ハーブ園に救世主!

初夏のハーブ園は花盛り。小さな花が可憐なタイム、黄色のイエローヤロー、桃色のオレガノ、真っ赤なモナルダ、黄〜橙のベニバナ、淡い紫のキャットミントなど次々と花が咲くので手入れも大忙し。猫の手も借りたいー! そんなハーブ園に救世主。期間限定で、大学生のMちゃんが博物館実習にやってきました。190710 ill03.jpg

普段は実験室にこもりきりですが、「植物をテーマにした実習を経験したい!」ということで、せっせと一緒に働くことになりました。

夏は爽やかなアイスハーブティーに

190710 ill04.jpg

Mちゃんと収穫したレモンバジル、レモンバーベナ、レモングラスを使用。取材にやってきた地元の新聞記者さんにも大好評でした。

暑い日にも、ホッと幸せな気分になれる清々しい香りのアイスハーブティー。香りの効果は偉大ですね。

    【タイム】
  • 学名:ティムス ウルガリス(Thymus vulgaris)
  • 和名:タチジャコウソウ
  • 特徴:木立性。丈は30〜40cm、で葉の香りが強い。コモンタイムの他に、レモンの香りがするレモンタイムや、葉に白い斑が入って香りが優しいシルバータイムなどがある。コモンタイムの香りの主成分であるチモールには殺菌・防腐・駆虫作用が知られている。190710 コモンタイム.jpg
  • 科名:シソ科イブキジャコウソウ属 ※科名以下は2種共通
  • 原産地:地中海沿岸
  • 栽培のポイント:水はけの良い土と風通しを好み、梅雨時はこまめに枝を切って、株の内部に風が通るように管理します。アルカリ性土壌を好むので、苗を植える時は苦土石灰を混ぜて酸度を調整する。梅雨時の高温多湿は苦手。開花後は株の半分くらいの高さのところで切り戻すと良い。
  • 開花期:5〜7月
  • 学名:ティムス セルピルム,ティムス ロンギカウリス(Thymus serpyllum,Thymus longicaulis)
  • 和名:ヨウシュイブキジャコウソウ
  • 特徴:匍匐性。丈は10cm程度。地面を覆うように広がり、花が満開の時はピンクや藤色の花が一面に広がって美しい。190710 クリーピングタイム.jpg

過去の記事

第12回
薬用ハーブ園癒しのシンボルツリー、苦~い薬木キハダ
2019.05.10
第11回
養命酒にも使用。美しいだけじゃないんです!シャクヤク
2019.03.07
第10回
死以外の全ての病を癒す!?不思議なニゲラ(ブラッククミン)
2018.02.06
第9回
育てた葉でトリートメント!若返りのハーブローズマリー
2019.01.08
第8回
ローレル?ローリエ?大量収穫できる葉の温浴効果で疲れ解消!
2018.11.29
第7回
実は家庭で栽培可能!高級スパイスサフラン
2018.10.31
第6回
名前通りの甘酸っぱい香り、カリブ海生まれのパイナップルセージ
2018.09.27
第5回
猛暑に疲れたスタッフの救世主!晩夏のハーブ園を彩るエキナセア
2018.08.28
第4回
種の意外な使い道。暑い夏に元気なハーブの王様バジル
2018.07.26
第3回
痩せるハーブ?甘くスパイシーな誘惑に完敗?フェンネル
2018.06.27
第2回
地味だって大注目!南国の香りレモングラスの花
2018.05.22
第1回
マタタビよりも夢中?!甘い香りのキャットミント
2018.04.24

この方にお話を伺いました

水戸 養命酒薬用ハーブ園(水戸市植物公園内) 西川 綾子園長 (にしかわ あやこ)

西川 綾子園長

水戸市植物公園園長。園芸家。筑波大学第二学群農林学類卒業後、民間企業を経て水戸市植物公園開園のために水戸市へ移住。NHK「趣味の園芸」講師や書籍の執筆なども行う。2009年第14回NHK関東甲信越地域放送文化賞を受賞。2014年公益社団法人日本植物園協会常務理事就任。2017年オープンの「水戸 養命酒薬用ハーブ園」では、約40 種類のハーブを栽培。園のシンボルツリーである薬木「キハダ」を囲むウッドデッキを中央に配置し、歴史を学べる薬草エリアと、五感で楽しむハーブガーデンエリアの2つのエリアを設けている。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP