使い方は無限大?セージの効能と使い方。料理やお部屋の浄化にも!
NEW

使い方は無限大?セージの効能と使い方。料理やお部屋の浄化にも!

イギリスでは「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」といわれ、アラビアにも同様の内容を伝えることわざがあるというセージ。イタリアでは車酔いをした人にセージのハーブティーを勧めるそう。

各地で重宝されているセージ。効能や使い方をご紹介します。

〔目次〕
セージの特徴
セージの効能
セージの使い方
セージを育てる際の注意
セージの開花時期

セージの特徴

セージはシソ科アキギリ属の植物で、丈が30cm〜1mほどになる多年草です。茎は四角く、葉は長楕円形。茎葉に白い毛が生えていて、全体が独特の灰色がかった緑色をしていることから、この色を「セージグリーン」とも呼びます。

和名のヤクヨウサルビアからわかる通り、サルビアの近縁です。原産地は地中海で、ヨーロッパでは古くから食用、薬用、香辛料などとして、幅広く用いられてきました。

セージには多くの品種がありますが、ハーブとして市販されているのは主にコモンセージの仲間。ヨモギに似たさわやかな芳香を持ち、わずかに苦みがあります。セージがソーセージの語源になったという説があるくらい、特にソーセージづくりによく使われます。

【セージ】
・分類(科・属名)----シソ科アキギリ属
・原産地----地中海沿岸、北アフリカ
・使用部分----葉
・主な作用----抗菌、抗ウイルス、脂質異常改善、認知機能改善

セージの効能

抗菌作用に優れ、うがい薬にすることで口やのどのトラブルを解消し、風邪の予防が期待できるハーブです。

また、ホルモンの乱れによるイライラを鎮める鎮静作用もあります。ただし高用量の3週間以上の連続使用は避けましょう。

※てんかんの症状がある人、妊娠中、授乳中、高血圧症の人、糖尿病の人は使用しないでください。

セージの使い方

ドイツの薬草家は、「セージは、医者、料理人にも、台所や地下室など場所も、貧富も問わず役に立つハーブである」といったそうです。今回は料理や掃除に使う方法をご紹介します。

セージのハーブティー

ドライハーブもよいですが、生のセージをレモンとともにお湯のなかに入れ、しばらく温めていただくのもおすすめです。レモンのおかげでセージの香りが和らぎ、ひと口飲むと、胸元にするりと降りていくようなすっきりとした味に。

セージのお茶には消化作用もあります。

セージのバター

刻んだセージとバターをよく混ぜ合わせればセージ香るバターの完成です。

イタリアンならパスタに使うのがおすすめ。アニョロッティという、ラヴィオリのような具が入った生パスタをゆでて、セージのバターが入ったフライパンに移し入れます。

ざっとあえて塩コショウしたものは、爽やかなバター風味が口いっぱいに広がってセージの新しい魅力に目覚めることができるでしょう。

セージバターを使ったアニョロッティのイラスト

他にも、セージを使ったパテ・ド・カンパーニュもおすすめです。

セージのルームスプレー

セージは部屋でも大活躍。浄化のハーブといわれるホワイトセージ(コモンセージでも可)を無水エタノールに浸して、精製水で薄めます。掃除の仕上げに吹きかけて抗菌とカビ対策を。おもてなしの前にも、ぜひワンプッシュ!

ルームスプレー

セージの葉をはさんで♪ 爽やかおしぼり

タオルにセージの葉を1枚はさみ、ギュッと絞ります。セージの抗菌作用と、爽やかな香りが楽しめるおしぼりの完成です。

浄化のアイテム「スマッジスティック」

北米の先住民が空気を浄化するために使ったスマッジスティック。乾燥したホワイトセージが主な素材で、このハーブにはスピリチュアルな力があると信じられてきました。

ホワイトセージをひもでまとめ、乾燥させたものに火をつけ、煙で体や空間を浄化して使います。お好みのハーブや花を一緒にまとめ、インテリアとして飾ってもよいでしょう。

セージを使った浄化アイテム「スマッジスティック」

セージを育てる際の注意

葉の数が多くて枝が重なり合い、風通しが悪くなりやすいハーブです。時折間引くなどのお手入れをしましょう。葉がわさわさと多すぎると蒸れて腐ってしまうこともあります。

セージの開花時期

セージの花の開花時期は種類によって異なり、花の色・形もさまざまです。開花時期が異なるコモンセージ、アメジストセージ、パイナップルセージの3つの花をご紹介します。

初夏に咲くコモンセージ

コモンセージ

ハーブとして食用にするのは初夏に咲くコモンセージです。ふわふわとしたビロードのような腺毛に包まれた葉は独特の苦みのある香りで、1年中使えます。

秋咲きのアメジストセージ

アメジストセージ

穏やかな天候の9月に目を和ませてくれるのは、アメジストセージをはじめとした秋咲きのセージ。秋のセージは、特に色濃く咲き、花壇のなかでもひときわ目立ってみえます。

10〜11月に咲くパイナップルセージ

パイナップルセージ

秋セージのすぐ後、10月〜11月にはパイナップルセージも見頃を迎えます。株いっぱいに真っ赤な花が咲く姿は艶やかで、葉を揉むとパイナップルのような甘くて優しい香りが漂います。

パイナップルセージの詳しい情報はこちらを参照ください。

※記事内の情報は全て、『こころとからだに薬用ハーブの贈り物Birthday Herb(水戸 養命酒薬用ハーブ園編)』より参照しています。


水戸 養命酒薬用ハーブ園 編

■新着記事はFacebookでお知らせしています。
Facebook独自コンテンツもありますので、ぜひ「いいね!」してお待ちください♪

この方にお話を伺いました

養命酒製造株式会社 商品開発センター 丸山 徹也 (まるやま てつや)

丸山 徹也

1958年長野県生まれ。1981年静岡薬科大学薬学部卒業後、養命酒製造株式会社入社。中央研究所研究部長、商品開発センター長を歴任。薬剤師。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP