インフルエンザ、予防接種の効果は?ワクチンの発症予防率と持続期間
NEW

インフルエンザ、予防接種の効果は?ワクチンの発症予防率と持続期間

インフルエンザの予防接種(ワクチン)がどのくらい発症予防に有効か調べるのはなかなか難しいのですが、最近の厳しい統計法によると成人の1回接種でおよそ50%有効と言われています。

インフルエンザウィルスは主に鼻粘膜から侵入しますが、ワクチンによる抗体で侵入そのものを阻止できるわけではありません。ウィルスが細胞内に入り、増え始めたときにやっつける役割なので、50%防げるというのは相当素早く反応しているということです。

flu02.jpg

最近では迅速診断が普及しているので、非常に初期の軽症の患者さんもインフルエンザと診断できます。そういう時代での50%発症阻止はかなり有効といえるのではないでしょうか。発症してしまった場合も肺炎、脳炎などの重症化の予防に役立つので安心です。

flu03.jpg

○迅速診断キットによる検査

細長い綿棒で鼻の奥をこすり、そこについた組織や分泌物を処理液に浸して検査キットに滴下することで、陽性か陰性かの判定を行います。検査時間は5~10分程度で、インフルエンザ感染後、12~24時間経過していれば検査の陽性率が上がります。

知ってうけよう!インフルエンザワクチン

ワクチンの有効期間は普通の薬とは全く異なります。薬は一定期間体内に留まって効果を現し、その後代謝、排泄されますが、ワクチンは特定のウィルスが侵入してきた時にウィルスに結合してその活性を失わせ、感染の進行を阻む抗体を作るよう免疫系を活性化するものです。

通常成人では1回の接種で2週後から血中の抗体の量が増え始め、4週でピークに達し、3~5カ月後から低下しますが、ウィルスが侵入してくると免疫系が反応して抗体の量はまた増えるため、ワクチンの効果はもっと長く続く可能性もあります。

ただし、インフルエンザウィルスは毎シーズンのように変異し、ウィルスのタイプが変わります。抗体価(抗体の量)は刺激されないと維持できないので、全く新しいタイプのウィルスが流行すると1回の接種では発症を防げない場合もあります。過去のワクチン接種歴やインフルエンザ罹患歴も含めて、免疫反応に個人差が大きいのはもちろんです。

10月から開始!ワクチン接種はお早目に

10月にインフルエンザの予防を考えるのはまだ早い、インフルエンザワクチンを早く打ち過ぎると早く効果が切れてしまう、とお思いのあなた、そんなことはないのです。早い年は11月からインフルエンザの流行が始まります。ワクチン接種は早目がおすすめです。





第1回記事「新たな人間関係をスムーズに!第一印象をよくする挨拶のコツ」

第2回記事「シンデレラ体重で本当に素敵になれる? 理想の体重と体型の考え方」

第3回記事「頭痛薬に頼らない!漢方や食事で片頭痛に対処する方法」

第4回記事「屋内でも要注意!夏のめまいや立ちくらみは熱中症の初期症状かも!?」

第5回記事「胃もたれ・食欲不振の原因は胃腸冷え!?簡単薬膳で夏バテ対策」

第6回記事「生理前のイライラはPMSが原因!? アロマバス&ハーブティーを使った対処法」

この方にお話を伺いました

緑蔭診療所・医師 橋口 玲子 (はしぐち れいこ)

橋口 玲子

1954年鹿児島県生まれ。東邦大学医学部卒。東邦大学医学部客員講師、および薬学部非常勤講師、国際協力事業団専門家を経て、1994年より緑蔭診療所で現代医学と漢方を併用した診療を実施。循環器専門医、小児科専門医、認定内科医、医学博士。高血圧、脂質異常症、メンタルヘルス不調などの診療とともに、ハーブティやアロマセラピーを用いたセルフケアの指導および講演、執筆活動も行う。『医師が教えるアロマ&ハーブセラピー』(マイナビ)、『専門医が教える体にやさしいハーブ生活 』(幻冬舎)、『世界一やさしい! 野菜薬膳食材事典』(マイナビ)などの著書、監修書がある。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP