胃もたれ・食欲不振の原因は胃腸冷え!?簡単薬膳で夏バテ対策
NEW

胃もたれ・食欲不振の原因は胃腸冷え!?簡単薬膳で夏バテ対策

今でも読まれている江戸時代の養生書、貝原益軒の「養生訓」には、『夏は涼風に当たり過ぎたり、冷たい麺や冷水を摂り過ぎたりすると体調を崩す。中からも外からも冷やし過ぎてはいけない。』と書かれています。冷蔵庫もクーラーもない時代でも体を冷やし過ぎることによる体調不良があったということですね。

現代人は冷やし過ぎに要注意!

コンビニや自動販売機で冷たい飲み物がすぐ手に入り、温暖化による外の暑さとクーラーの効いた室内の温度差に曝される現代人は、増々冷やし過ぎに気を付けなければならないということになります。

こんな症状は胃腸が冷えているかも!?

冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎで胃内の温度が下がり胃液が薄まると、消化力が落ちるだけでなく胃腸の蠕動運動が影響を受け、胃もたれ、食欲不振、便秘や下痢を引き起こします。

胃の辺りにポチャポチャ水が溜まっている感じがしたり、お腹がグルグル動いている感じがしたりする時は要注意。お腹を温め胃腸機能を高める薬膳食材を摂りましょう。

スパイスや薬味で、いつもの食事が簡単薬膳に!

唐辛子、山椒、胡椒、フェンネル、クローブ、ナツメグ、シナモンなどの香辛料やニンニク、ショウガ、タマネギ、ニラ、シソ、香菜、バジルなどの香味野菜は、お腹を温め、胃腸機能を高めてくれます。

2_ill.jpg

夏は火を使う料理もおっくうになりますが、レトルトのカレーやパスタソースを温める時にこれらの食材を加えたり、香菜やバジルをトッピングしたりするだけでも立派に薬膳メニューです。

もう少し料理をするエネルギーがあったら、炭水化物の代謝に必要なビタミンB1の豊富な豚肉のひき肉と上記の薬膳食材を炒めておいて小分けに冷凍しておくのがお薦め。ぶっかけ麺にのせたり炒飯にしたり、スパゲティ・ボロネーゼやキーマカレーに変身させたり、おいしく簡単に夏の薬膳が楽しめます。

第1回記事「新たな人間関係をスムーズに!第一印象をよくする挨拶のコツ」

第2回記事「シンデレラ体重で本当に素敵になれる? 理想の体重と体型の考え方」

第3回記事「頭痛薬に頼らない!漢方や食事で片頭痛に対処する方法」

第4回記事「屋内でも要注意!夏のめまいや立ちくらみは熱中症の初期症状かも!?」

第5回記事「胃もたれ・食欲不振の原因は胃腸冷え!?簡単薬膳で夏バテ対策」

この方にお話を伺いました

緑蔭診療所・医師 橋口 玲子 (はしぐち れいこ)

橋口 玲子

1954年鹿児島県生まれ。東邦大学医学部卒。東邦大学医学部客員講師、および薬学部非常勤講師、国際協力事業団専門家を経て、1994年より緑蔭診療所で現代医学と漢方を併用した診療を実施。循環器専門医、小児科専門医、認定内科医、医学博士。高血圧、脂質異常症、メンタルヘルス不調などの診療とともに、ハーブティやアロマセラピーを用いたセルフケアの指導および講演、執筆活動も行う。『医師が教えるアロマ&ハーブセラピー』(マイナビ)、『専門医が教える体にやさしいハーブ生活 』(幻冬舎)、『世界一やさしい! 野菜薬膳食材事典』(マイナビ)などの著書、監修書がある。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP