健胃作用やエイジングケアに!ウコン(ターメリック)の効果・効能
NEW

健胃作用やエイジングケアに!ウコン(ターメリック)の効果・効能

二日酔い予防がすっかり定着したウコン。ターメリックとも呼ばれ、スパイスとしてカレー作りになくてはならない存在です。

その明るい黄色とほんのりスパイシーな風味が特徴で、インドや東南アジアでは人々の暮らしに根付いてきました。

ウコンの効果・効能

健胃や鎮痛、抗酸化作用など幅広い効能を持ち、生薬として肝臓の不調や胃炎などに使われています。また、薬用養命酒に配合している生薬のひとつです。

ウコンの花

生薬ウコンとして使用されるのは、白い花の秋ウコン。

漢方では、血行を整えて新陳代謝を促すために処方されます。

最近の研究で、黄色色素のクルクミンや精油などの成分に抗炎症や抗酸化、脂肪燃焼など幅広い作用があることが報告され、注目が高まるウコン。

アメリカなどでは、そのエイジングケア効果が話題となり、ターメリックパウダーと牛乳や豆乳、ココナッツミルクを混ぜて作るターメリックミルクを習慣にする人が増えているそうです。

ウコンの活用法

鮮やかな色に反して、意外にマイルドな風味のウコン。乳製品や生姜、にんにく、スープ料理との相性がよく、様々に活用できます。

ご飯にターメリックパウダーとバターを混ぜ込んだターメリックライスは、カレーのお供にぴったり。

魚介やお肉のソテーに使用すると、見た目も華やかです。

牛乳やカップスープにちょい足しすれば巡りアップ! 冷えが気になる朝の一品にどうぞ。

※ウコンの摂取量は1日10gが目安です。ウコンには鉄分が豊富に含まれているため、鉄分の摂取を制限している人は医師に相談しましょう。

ターメリックスープのレシピ

ターメリックスープのイラスト

〔材料〕
ターメリックパウダー..........2振り
玉ねぎ...................................1/4個
ベーコン................................1/2枚
牛乳.......................................120ml
コンソメ................................小さじ1/4

〔作り方〕
大きめのマグカップに全ての材料を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分程加熱する。
よく混ぜてできあがり。

まずは王道のカレーレシピから挑戦してみるのも良いですね。

ウコンこぼれ話

インドネシアの結婚式では、新郎新婦がウコンを擦ったものを体に塗る風習があります。「浄化」を意味する化粧品としても使われていて、南インドでは、ウコンで顔をうっすらと黄色く染めた婦人が見かけられます。

ウコンには邪悪なものを避ける力があると信じられているタイでは、お坊さんがウコン染めの外衣をまとっています。また、ウコンには防虫・抗菌の効果もあり、ウコン染めの風呂敷で大切な衣類や書画骨董などを包んでおくと、虫がつきにくくなります。

日本ではたくあんの色付けにも使用されているウコン。まずは気軽に活用できるパウダーから試してみませんか?

ウコンドリンク

この方にお話を伺いました

養命酒製造株式会社 商品開発センター センター長 丸山 徹也 (まるやま てつや)

丸山 徹也

1958年長野県生まれ。1981年静岡薬科大学薬学部卒業後、養命酒製造株式会社入社、中央研究所所属。その後同所研究部長、同所副所長を歴任。2014年より同社商品開発センター長。薬剤師。

※記事内の情報は全て、「養命酒だより2019春号(養命酒製造株式会社)」より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP