むくみ改善の効果も!生と加熱で異なる生姜の効能や使い方
NEW

むくみ改善の効果も!生と加熱で異なる生姜の効能や使い方

ピリリとした辛みと爽やかさが特徴の生姜は、薬味や香辛料として食卓に欠かせない食材。そんな生姜の効能は、新陳代謝の促進やむくみの解消、殺菌作用などさまざま。

また、漢方に欠かせない生薬でもあり、たとえば風邪のひき始めにのむ葛根湯や桂枝湯をはじめ、実に8割ほどの漢方薬に含まれています。

生姜の主な効能

乾燥生姜

健康番組で取り上げられることも多く、体によいイメージの生姜。健胃作用や発汗作用、新陳代謝促進などの効果が期待できます。また、加熱の有無によっても効果が異なります。

血行促進には生の生姜

生の生姜に多く含まれる辛味成分のジンゲロールには、血の巡りをよくし一時的に発汗を促す作用があります。そのため、夏のむくみ(水分代謝の悪化)対策や、体に熱がこもりやすい方におすすめです。

体の冷えには加熱した生姜

生姜を加熱すると、ジンゲロールの一部が、体を芯から温める作作用があるショウガオールという成分に変化し、体を温める効果が高くなります。

そのため、冷えが気になる場合は温かいスープやカレーなどの煮込み料理に刻んだ生姜を加え、10分ほど加熱していただくことがおすすめです。

生姜を乾燥したものは「生姜(ショウキョウ)」と呼ばれます。体を温めて発汗させる作用を持つ、「温」の性味の代表的な生薬です。

日本最古の医学書といわれる『医心方(いしんぼう)』では、生姜は風邪の薬として紹介されています。

生姜の使い方

生姜には、殺菌作用と食欲増進作用があります。そのため、日本では刺身や冷奴、そうめんなどを食べるさいの薬味として使用されるのがポピュラーです。

常備菜「酢生姜」にして、混ぜ寿司やタコとワカメの生姜酢あえにするのもおすすめです。詳しい作り方は、こちらの記事をご覧下さい。

一方、西洋ではジンジャーエールなど飲みものや、クッキーなどの菓子類の香料によく使われます。また、中国では料理の香辛料として使用されることが多いようです。

ジンジャーエールやかき氷に♪ 生姜シロップの作り方

生姜50gを皮ごと薄くスライスし、水200ccに加え火にかけます。沸騰したら中火にして5〜6分煮出しましょう。弱火にしてざらめ120gを加えて混ぜ、軽く煮詰めて漉せば、生姜シロップの完成です。

スパイシーな風味がお好きな方は、ホールの唐辛子やシナモン、クローブなどのスパイスを一緒に煮出すと大人風味のシロップになりますよ。

炭酸水と割ってジンジャーエールにしたり、ヨーグルトやかき氷にかけていただいたり、お好みでアレンジしてみて下さい。

ジンジャーシロップ

民間療法では、生姜と蜂蜜をお湯で溶いた生姜湯や生姜紅茶、生姜コーラなど、さまざまな使い方が考え出されています。ちょっと調子が悪いなと思ったときに、試してみてはいかがでしょうか?

生姜の育て方

生姜は、ショウガ科の多年草で、南アジアの原産といわれています。

原産地は南アジアですが、プランターを使い家庭で育てることも可能です。

※記事内の情報は全て、『養命酒だより2019夏号(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP