爪から健康状態を知ろう!今すぐできる「爪診断」
NEW

爪から健康状態を知ろう!今すぐできる「爪診断」

爪が割れやすい、縦線が入っているなどの症状はありませんか? 東洋医学で、爪は「肝」と密接な関係があるとされます。

気や血の流れをコントロールする働きがある肝。そのため、栄養不足やストレスにより肝が弱ると血液にも影響、爪の生え際には毛細血管が集中していることから、肝の不調は爪に現れるといえます。

今回は爪の様子から健康状態を知る「爪診断」のポイントをご紹介。日頃のお手入れや爪を切る際に一緒にチェックしてみましょう。

健康な爪とは?

硬くて表面がなめらか、また薄く透き通ったピンク色の爪であれば健康と言えるでしょう(加齢と共に爪が厚くなり、薄茶色になることもあります)。

こんな状態は注意! 「爪診断」で爪の健康状態をチェック

爪が割れやすい

割れやすい爪のいらすト

原因
・血行不良や血の不足
・栄養不足
・爪の乾燥

◯対策
血を補うには、鉄分が多い赤身肉や魚がおすすめ。海藻類や豆腐といった大豆製品など、鉄分の吸収率が低い食材は、ビタミンCを一緒に摂ると吸収率がアップします。

縦筋が目立つ

縦筋が目立つ爪のイラスト

原因
・ストレス
・過労
・加齢

◯対策
ストレスを和らげたい時は、爪の生え際の左右にあるツボ「井穴(せいけつ)」を刺激しましょう。全ての指を揉んでもよいですが、薬指を避けたほうがリラックス効果は高いとされています。

反り返っている

反り返る爪のイラスト

鉄欠乏性貧血の可能性があります。

若い女性に多く見られ、子宮筋腫など慢性的な出血が起こっている場合もあるので、すぐに受診を。

横線が目立つ

横線が目立つ爪のイラスト

栄養不足や生活習慣の乱れによって現れます。忙しさなどから食事が疎かになっていないか、睡眠時間がしっかりとれているかなど、生活を見直してみましょう。

爪の色が紫

紫色の爪のイラスト

血行不良や冷えが主な原因です。

紅花茶やヨモギ茶など、体を温めて末端まで血流をよくする効果がある飲食物をとると改善が期待できます。

冷え症の人は、原因を知って対策をしましょう。

爪は通常1カ月で約3mm伸びるため、過去の生活や健康状態を知る手がかりにもなります。普段から生活習慣を意識して、健康な爪を保ちましょう。

この方にお話を伺いました

東京女子医科大学教授、東洋医学研究所所長 木村 容子 (きむら ようこ)

木村 容子

2002年より東京女子医科大学附属東洋医学研究所に勤務。
医学博士。日本内科学会認定医。日本東洋医学会専門医・指導医。

※記事内の情報は全て、『養命酒だより2016秋号(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP