ひどい生理痛の原因は冷え?お腹やツボを温め痛みを和らげる方法4選
NEW

ひどい生理痛の原因は冷え?お腹やツボを温め痛みを和らげる方法4選

人によっては寝込むほどつらい生理痛(月経痛)。症状の重さは人それぞれで、痛みを理解してもらえないと余計つらいですよね。原因と対処法を知って、少しでも痛みを和らげましょう。

生理痛・生理不順の原因

生理痛は、経血を排出するために子宮を収縮させるプロスタグランジンという痛みをひきおこす物質によって起こるもの。痛みが強い生理痛の原因は、冷えによる骨盤内のうっ血(血液の滞り)が考えられます。また、生理前に起こる体や心の不調は、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。

生理不順(月経不順)は、生理が正常な範囲(周期は25~38日、期間は3~7日)を外れる場合をいい、多くはホルモンバランスの乱れが原因です。ストレスや冷え・疲れは、女性ホルモンの分泌指令を乱し、生理不順の原因となります。また過剰な運動も生理不順の原因に。

ストレスと女性ホルモンの図

生理痛・生理不順の改善に。温めて痛みを和らげましょう

アロマオイルでお腹や腰をマッサージ

入浴や軽い運動で血流をよくし、骨盤内のうっ血を解消すると、生理痛が軽減します。入浴後にはアロマオイルでお腹や腰を優しくマッサージしましょう。腹巻やカイロを使ってお腹周りを温めることも大切です。

マッサージとアロマオイル

〔おすすめのアロマオイル〕
ラベンダーやクラリセージなどの精油を、スキンケア用オイルで1%に希釈して作る。

ハーブ・スパイスを活用

サフラン(生薬名:紅花)には、血行・血流をよくする働きがあり、生理痛・生理不順にも効果が期待できます。ティーカップにサフランを数本入れて、熱湯を注げばサフランティーのできあがり。
※大量摂取、また妊娠中・授乳中の使用は避けましょう。

saffron.jpg

また、シナモンやジンジャー、クローブといった体を温めるスパイスを入れた、チャイなどのホットドリンクを飲むのもおすすめです。

三陰交のツボを温める

内くるぶしの頂点から、指幅3本分上がったところにある、三陰交というツボを温めましょう。 バケツなどに少し熱め(40~42℃)の湯をはり、足を浸けます。温度が下がったら熱い湯を足し、体が温まるまで続けましょう。

三陰交のツボ

我慢しないで鎮痛剤は早めに飲む

生理痛は鎮痛剤で対処するのも1つの方法。痛みがひどくなってからでは効きにくく、薬の量を増やす原因にもなるので、早めに飲むのがポイントです。ただし、鎮痛剤を飲む回数には注意が必要。月に10日以上鎮痛剤を飲んでいる場合は、一度飲むのをやめ、医師に相談しましょう。

※生理痛には、子宮内膜症などの病気が隠れている場合があります。鎮痛剤が効かない痛みの場合は、婦人科を受診しましょう。

※記事内の情報は全て、「医師が教える病気になりにくい体のつくり方 未病セルフケアブック(養命酒製造株式会社)」より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP