味噌が隠し味!ルーなしで作る胃に優しい白身魚のシチューレシピ
NEW

味噌が隠し味!ルーなしで作る胃に優しい白身魚のシチューレシピ

冬は気血の巡りが悪くなりやすい季節。体を温め気血の巡りをよくする食材や、水分代謝をコントロールする冬の五臓「腎」の働きを助け、免疫を高めてくれる食材を意識してとりましょう。

また、冬はエネルギーを蓄える季節でもあるので、「脾(胃腸)」の働きを高めることも大切です。

隠し味の味噌が美味しい! タラと冬野菜の和風シチューレシピ

「腎」と「脾」の働きを助けるタラと長いも、抗酸化作用があり免疫を高めるブロッコリーと人参を、隠し味のこっくりとした甘めの味噌でいただきます。胃に優しく体が温まる和風ミルクシチューです。

タラと冬野菜の和風シチュー

[材料]3人分(1人分169kcal/塩分1.7g)
タラ................... 2切れ
酒....................大さじ3
塩.........................少々
ブロッコリー.....1/3株
人参..................1/2本
長いも...................90g
昆布だし.....600~800ml
西京味噌...大さじ1と1/2
田舎味噌........大さじ1/2
牛乳......................100ml
バター.......................10g
〔作り方〕
タラは流水で洗って水気を拭き取り、2~3cmのそぎ切りにする。バットに入れて酒大さじ2と塩を振り、5分以上置く。ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。
人参と長いもは乱切りにし、長いもは酢水に浸してアクを抜く。
鍋に昆布だしと2. 残りの酒を入れて火にかける。柔らかくなったらタラを加え、火が通ったらブロッコリーも加えて煮る。
味噌を溶き入れてから牛乳も加えてひと煮立ちし、バターを加えて火を止める。

◯アドバイス
ゆずの千切り、七味などを添えるとさらに巡りがアップします。

冬は体を冷やさないことが一番大事。くるみや生姜など、体を温める温性の食材を使ったレシピもおすすめです。

また、胃腸が疲れているときはもちろん普段の朝ごはんにも、美味しい薬膳粥をいただくと体が温まりますよ。

この方にお話を伺いました

料理研究家 管理栄養士 国際中医薬膳管理師 植木 もも子 (うえき ももこ)

植木 もも子

中医学や雑穀などを取り入れた、 美味しいだけでなく、体によい料理が評判。『からだを整える薬膳スープ』(マイナビ)、『いちばんやさしいさかな料理の本』(日東書院)他著書多数。

※この記事の情報は全て、『養命酒だより2018年秋号(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP