扁桃炎、口内炎の原因は免疫力の低下!?腸内環境の改善で免疫力アップ!
NEW

扁桃炎、口内炎の原因は免疫力の低下!?腸内環境の改善で免疫力アップ!

免疫力とは、体内に侵入する病原菌やウイルスから体を守る防衛力のこと。正しく機能しないと様々な疾患を招きます。

免疫力の乱れには2つのタイプがあります。花粉症などのアレルギー性疾患は過剰反応タイプで、花粉などの異物に対し免疫力が過剰に働いて起こります。一方、扁桃炎や口内炎を繰り返す人、かぜやインフルエンザなどの感染症にかかりやすい人は、免疫力の低下タイプです。

一般的に免疫力は加齢により低下します。また、過剰なストレス、冷えや疲れ、睡眠不足は免疫力の乱れに大きく関係します。このように様々な原因で乱れやすい免疫力を整えるカギは、実は腸内環境にあるんです。

免疫力の乱れをチェック!
ハーブや亜麻仁油での対策方法も

免疫力の過剰反応タイプのチェックリスト

花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患は、本来は体にとって害のないものに過剰に免疫反応が生じて症状がおこります。薬による治療も必要ですが、食生活や睡眠不足などにも気をつけ、心身共にリラックスすることを心がけて症状が悪化しないように免疫力を整えましょう。

アレルギー症状の予防・軽減に効果的といわれているのが、青魚に豊富なDHAやEPAなどの「n-3(オメガ3)系脂肪酸」。

スプーンからしたたる亜麻仁油

手軽にとる方法として、毎日使うオイルを、亜麻仁(フラックスシード)油、エゴマ油、シソ油に変えてみてはいかがでしょうか。酸化しやすいため、熱を加えず料理にそのままかけたり、ドレッシングに使いましょう。

非加熱・加熱それぞれの調理に向くn-3(オメガ3)系脂肪酸を含むオイル

免疫力の低下タイプのチェックリスト

免疫力を低下させる原因としては、過剰なストレス、疲れ、睡眠不足、食生活の乱れ、冷えなどがあげられます。生活習慣が大きく関係するため、扁桃炎や口内炎、口唇ヘルペスは30代の働き盛りの世代にも多く見られます。

抗アレルギー作用や、抗炎症作用のあるハーブといえば、ジャーマンカモミールが代表的です。発汗・保湿作用のあるエルダーフラワーとのブレンドは、風邪のひきはじめ、扁桃炎や口内炎を繰り返す人に適しています。

風邪の初期には、エキナセアもおすすめです。

 

スプーンに乗ったジャーマンカモミール

腸内環境の改善が、免疫力アップのカギ!

食物繊維や発酵食品は毎日欠かさずに摂り入れ、腸内環境を整えることは、両タイプに共通するセルフケア。発酵食品は、含まれる菌や栄養素が異なるため、複数とることがおすすめです。

発酵食品・・・善玉菌を活性化する
納豆・ヨーグルト・みそ・キムチ・漬物など

水溶性食物繊維・・・便を柔らかくし善玉菌を増やす
果物や海藻類に多く含まれます

不溶性食物繊維・・・腸の動き(蠕動運動)をよくする
穀物・根菜・きのこ類・豆類に多く含まれます

 

東洋医学では、胃腸の冷えが免疫力低下につながると考えられています。胃腸を温めるには内側からのケアが肝心。温かい飲料をとるほか、八角やシナモンなど、温める作用のある生薬やスパイスを活用するのもおすすめです。

温め効果のあるスパイス

温め効果のあるスパイス八角、シナモン、フェンネル、ナツメグ

この方にお話を伺いました

緑蔭診療所 橋口 玲子 (はしぐち れいこ)

橋口 玲子

1954年鹿児島県生まれ。東邦大学医学部卒。東邦大学医学部客員講師、および薬学部非常勤講師、国際協力事業団専門家を経て、1994年より緑蔭診療所で現代医学と漢方を併用した診療を実施。循環器専門医、小児科専門医、認定内科医、医学博士。高血圧、脂質異常症、メンタルヘルス不調などの診療とともに、ハーブティやアロマセラピーを用いたセルフケアの指導および講演、執筆活動も行う。『医師が教えるアロマ&ハーブセラピー』(マイナビ)、『専門医が教える体にやさしいハーブ生活 』(幻冬舎)、『世界一やさしい! 野菜薬膳食材事典』(マイナビ)などの著書、監修書がある。

※記事内の情報は全て、『医師が教える病気になりにくい体のつくり方 未病セルフケアブック(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP