医師がズバリ解説!四十肩・五十肩をラクにする漢方&ストレッチ
NEW

医師がズバリ解説!四十肩・五十肩をラクにする漢方&ストレッチ

突然、肩に痛みを感じ、関節の動きが固くなる「四十肩・五十肩」。同じ肩のトラブルでも肩こりとは症状が異なり、痛みのせいで睡眠不足になることもあります。一体なにが原因なのでしょう? 予防法や対処法を肩関節疾患に詳しい医師の橋口宏さんに聞きました。

〔目次〕
四十肩・五十肩とはどんな症状?
四十肩・五十肩の原因は
姿勢改善やストレッチで予防できる
四十肩・五十肩の対処法
四十肩・五十肩と間違いやすい肩こりや腱板断裂などの症状

四十肩・五十肩とはどんな症状?

四十肩・五十肩は同じ「肩関節周囲炎」

肩が痛いイメージ

四十代に起こるから「四十肩」、五十代の痛みは「五十肩」とされていますが、いずれも同じ「肩関節周囲炎」という病気です。

四十肩・五十肩になると、肩関節の周辺に炎症が起こって痛みと運動障害が表れます。肩の関節が動かしにくい状態(拘縮:こうしゅく)になるため、腕が頭の上まで上げられなくなったり、体の後ろや前、外側に回せなくなったりします。

〔四十肩・五十肩チェック〕
□ 肩を動かすと痛む
□ 腕を上げにくい
□ 腕を体や頭の後ろに回しにくい
□ 腕をひねりにくい
□ 寝返りを打つと痛みで目が覚める
□ 服の袖に手を通すときに肩や腕が痛む

リモートワークの普及で20~30代でも四十肩に

リモートワーク

四十肩・五十肩を発症する人は、40代後半から60代がほとんどで、そのほかの年代は多くありません。性別による違いは見られず、左右どちらの腕に起こるのかについても明らかな傾向はありません。

ただし、デスクワーク中心の人は発症しやすいとされています。コロナ禍におけるリモートワークの普及や外出自粛による運動不足が影響して、30代など若い世代にも増えています。

四十肩・五十肩の原因は

肩の診察イメージ

突然痛みに襲われる四十肩・五十肩ですが、実はなぜ起こるのか、明らかな原因は分かっていません。ただし、下記のことが影響すると考えられています。

加齢による骨の老化や運動不足が要因に

加齢と運動不足は、四十肩・五十肩に大きく影響しているものと考えられます。

・加齢
肩関節周りの骨や軟骨、靭帯(じんたい)、腱(けん)などが老化することで、炎症が起こります。

・運動不足
日頃から体を動かす機会が少なく、さらに肩関節をあまり動かさずに同じ姿勢を続けているとリスクが高まります。デスクワーク中心の人に発症例が多いのもこのためと考えられます。

※「腱」と筋肉と骨をつなぐ繊維質の結合組織のこと。肩には、肩甲骨と上腕筋をつなぐ板状の腱、「腱板」があります。

病気の影響で四十肩・五十肩の症状が出ることも

四十肩・五十肩の症状を引き起こす病気があり、主なものは以下の3つ。このほか心因性によるものもあります。なお、きっかけになった病気が改善すると症状は収まります。

・糖尿病
血糖値がコントロールできないことにより血行が悪化。腱組織が変性して発症します。糖尿病患者の10~20%は四十肩・五十肩になります。

・脂質異常症
過剰になったコレステロールが腱組織に沈着すると、炎症を起こしやすくなり、痛みを発生させます。

・甲状腺の疾患
甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進(こうしん)症といった疾患があると、腱組織が変性しやすくなります。痛みや腕が動かしにくくなるなど、症状が表れます。

姿勢改善やストレッチで予防できる

ストレッチ

日常的に正しい姿勢を意識するともにストレッチなどで肩関節を動かしていると、四十肩・五十肩の予防になります。

〔日常生活でできる予防法〕
猫背や前かがみの姿勢などは肩関節に負担がかかるので、正しい姿勢を意識する。
肩を温め血行を促す。
ストレッチをして肩を動かすことを心がける。

四十肩・五十肩の対処法

肩を確認するイメージ

ステージごとに異なる対処を

四十肩・五十肩では症状が段階的に変わります。3つのステージを経ておおむね1年程度で回復していきますが、期間は人それぞれで、落ち着くまでに数年かかる人もいます。

ステージ 期間の目安 症状
痛みの強い「急性期」 3~4週間 安静時や就寝時にも強い痛みを感じることがある。肩関節は動かせるが痛みがあるため動かしにくい。
肩が動かなくなる「慢性期」 5~6カ月 炎症が収まり肩の痛みはだんだん弱くなっていくが、肩関節が動かしにくくなる。
症状が徐々に和らぐ「回復期」 3~4カ月 肩の痛みが軽くなり、肩関節も徐々に動かしやすくなる。

「四十肩・五十肩かも......」と思ったら、早めに整形外科を受診しましょう。医師の指導のもと、ステージに合わせた治療や対処を行うことが大切です。

・急性期
痛みが強いうちは肩を無理に動かさず、湿布や消炎鎮痛剤、ステロイド、ヒアルロン酸注射などで痛みを抑えます。肩は冷やしても温めても良いので、痛みが和らぐ対処方法を行ってください。

・慢性期
痛みに留意しながら、ストレッチや温熱療法、可動域訓練、ヒアルロン酸注射で肩を動かせる範囲を広げていきます。マッサージやリラクゼーションなどを活用してもいいでしょう。ただし、無理に肩を動かしたり痛みを誘発したりすることは避けてください。

・回復期
肩の動きを改善させるためストレッチや運動療法を行います。慢性期と同様に、肩への負担を配慮したマッサージやリラクゼーションなども活用してみてください。

四十肩・五十肩の症状改善ストレッチ

肩の可動域を広げるためには、セルフストレッチを続けるのがおすすめ。ストレッチはお風呂などで血行を良好にしてから、呼吸を止めずに行うのがコツです。ただし痛みの強い急性期は避けてください。慢性期、回復期の場合でも無理のない範囲で行いましょう。

拳上(きょじょう)運動(10回)

挙上運動

仰向けになり、痛む方の手をもう片方の手でつかむ。
肩の力を抜き、つかんだ手の力で、両手をゆっくりと頭の方に持ち上げる。痛みを感じたら10秒止めて戻す。

テーブルスライド(10回)

テーブルスライド

テーブルの前に座る。肩の力を抜いてテーブルに両手を伸ばして置く。
腕を前に伸ばしたまま体を前に倒す。痛みを感じたら10秒止めて戻す。

背中で内旋(ないせん)運動(10回)

内旋運動

立った姿勢で両手を背中に回す。手のひらを外向きにする。
痛くない方の手で痛む方の手をつかむ。肩の力を抜いて、ひじを曲げながら背骨に沿わせるようにして持ち上げる。痛みを感じたら10秒止めて戻す。

就寝中の肩の痛みを和らげるポイント

寝具イメージ

痛みで眠れないという人も多い四十肩・五十肩。寝るときの姿勢や寝具を工夫して、症状を和らげましょう。

・痛む肩を上にして横向きに
痛む肩を上にして横向きに寝ます。その際、抱き枕などを使って肩の位置を安定させるといいでしょう。

・仰向けではタオルを使用
仰向けになった際、重力で肩が床の方向に下がると痛みの原因に。肩からひじにかけてタオルなどを敷いて、手をお腹の上に乗せて寝ると肩の高さが安定します。

・枕の高さを調整
枕は高すぎても低すぎても痛みが出ます。タオルなどを使ってつらくない高さを探ってみましょう。

・肩を保温
寝具やタオルで肩を覆い、痛む部分を冷やさないようにしましょう。

四十肩・五十肩の改善に漢方薬

漢方薬

四十肩・五十肩で動きにくくなった肩のことを、英語では「フローズンショルダー」と言います。凍ったような状態の肩に、温かな水を流して巡りをよくしようと働きかけるのが漢方です。

漢方では、痛みは「気」「血」「水」の巡りが滞ることで起こると考え、その人の症状や状態に合わせて薬を処方します。西洋医学で使う鎮痛薬には体を冷やす働きがあるため、冷えを感じる・冷えると痛みを感じる人には、体を温める漢方薬が特におすすめです。

・二朮湯(にじゅつとう)
「朮」には利水剤の意味があり、体を温め水分代謝をアップさせて痛みを改善します。むくみ体質で胃弱の人に向いていて、特に急性期に使用されます。

・葛根湯(かっこんとう)
体を温める作用があり、炎症が起こり発熱しているときや首筋などが緊張しているとき、風邪をひいたときに使われます。

・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
体を温める作用と鎮痛の働きがあり、関節が痛んで動かしにくいときなどに使われます。胃弱で鎮痛剤が苦手な人におすすめです。

・薏苡仁湯(よくいにんとう)
水分を排出し痛みをとる薏苡仁を配合。腫れて熱をもった関節痛や筋肉痛、神経痛などに使用されます。

・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
「気」「血」を補い、筋肉のけいれんによる強い痛みを鎮めます。特に夜間痛が出ている時に使用されます。

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
血行を促して体を温め、冷えによる痛みを改善します。特に手足など体の抹消を温める働きがあり、しもやけなどにも使われます。

・疎経活血湯(そけいかっけつとう)
血の巡りの悪化や水分の停滞を改善し、冷えている部分を温め、痛みやしびれを緩和します。急性的なものから慢性的なものまで、幅広い痛みに対応します。

※漢方薬には市販の物と医療機関で処方される物がありますが、市販の漢方薬を内服する際は薬剤師に相談し、多剤内服や長期内服は避けましょう。不安がある場合は医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

四十肩・五十肩と間違いやすい肩こりや腱板断裂などの症状

肩の痛みやこわばりのイメージ

四十肩・五十肩以外にも肩の痛みやこわばりが表れる病気があります。自己判断で誤った対処をしてしまう場合もあるため、心配な場合は受診しましょう。

・肩こり
肩こりは、姿勢の悪さやストレスなどによって首や肩の筋肉に血行不良が起こったり疲労がたまったりするもの。首筋や肩甲骨周辺に痛みを感じることが多いです。

四十肩・五十肩で痛むのは肩関節と二の腕で、肩こりとは痛みの出る場所が異なります。

・肩腱板断裂(かたけんばんだんれつ)
腱板は肩の骨と骨の間にある板状の筋肉のこと。肩の使いすぎや外傷などで腱板が切れてしまうことを「肩腱板断裂」といいます。四十肩・五十肩の疑いがある人のうち、約30%が該当するというほどまぎらわしい疾患です。

四十肩・五十肩と同様に50~60代に多く、負荷のかかる利き手側の肩に多いのが特徴です。

・腱板炎(けんばんえん)
・肩峰下滑液包炎(けんぽうかかつえきほうえん)
・上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)
肩周辺の腱に炎症が起こるものです。なかでも上腕二頭筋長頭腱炎は、四十肩・五十肩の前段階と考えられます。

・石灰化腱炎(せっかいかけんえん)
肩の腱に血液中のカルシウムが結晶となって沈着して起きる炎症で、加齢と共に発症しやすくなります。救急車を呼ぶほどの激しい痛みが生じる人もいれば、無症状でたまたま撮影したレントゲン写真で判明する人もいます。

・リウマチ
30~50代の女性に多い自己免疫疾患。関節に炎症が起こる、激痛があるといった点で四十肩・五十肩と似ています。しかし、起床直後に強い症状を示すこと、初期症状が手指のこわばりであること、肩関節の拘縮が少ないことなどが四十肩・五十肩との違いです。

・心筋梗塞(しんきんこうそく)、肺がん)
心筋梗塞や狭心症(きょうしんしょう)、肺がんでも肩に痛みを生じることがあります。心疾患の場合は突発的な痛みとなり、肺がんの場合は痛みが長く続きます。

こんな初期症状や違和感が出たら医師に相談を

「そのうち治るだろう」と放置する人も多い四十肩・五十肩ですが、人によっては肩関節が動かない状態が数年続く場合も。また、内臓の疾患、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなど、ほかの不調が隠れている場合もあるので、以下の症状が表れたら、早めに医師に相談しましょう。

〔こんなときは早めに受診〕
□ 肩の痛みが2週間~1カ月と長く続く
□ 肩に電気が走るような痛みがある
□ 肩に力が入らない
□ 肩を動かすと肩の中でゴリゴリといった音が鳴る
※腕や首を回してゴキっとするのは筋肉なので、それとは別物。

この方にお話を伺いました

米倉脊椎・関節病院院長 橋口 宏 (はしぐち ひろし)

橋口 宏

日本医科大学卒。日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医。日本医科大学付属第二病院整形外科医局長、日本医科大学千葉北総病院整形外科准教授などを経て現職。肩・肘関節外科、スポーツ医学を専門とし、漢方医学にも精通。整形外科疾患に対する漢方処方の講演なども多数行っている。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP