医師が教える花粉症対策!薬だけに頼らないハーブを使ったセルフケア
NEW

医師が教える花粉症対策!薬だけに頼らないハーブを使ったセルフケア

病院にかかる、市販薬を飲むなどの治療をしている花粉症患者の満足度は約5割というデータがあります。

花粉症対策をしっかり行うためのポイントは、治療とセルフケアの両立。ライフスタイルに合わせて薬とハーブとを上手に使い分けることで、この季節のQOLを高めましょう。

また、シーズン前の対策や初期治療によって、症状の重症化はかなり抑えられると言います。自身のクリニックで花粉症治療を行う専門医の入谷医師に、花粉症の対策方法を伺いました。

ハーブを活用した花粉症のセルフケア

眠くなって仕事や運転等に支障が出る、のどが渇く、お酒の席があるなどの理由で、花粉症の薬が飲めない時には、免疫のバランスを整える作用があるハーブを活用して症状を緩和するのがおすすめです。

花粉症対策に有効なハーブ

・ネトル(西洋イラクサ)
ヒスタミンの放出を抑制して花粉症の症状を緩和する作用があります。ビタミンやミネラルも豊富なため、古くからアレルギー予防の目的に使用されてきました。

花粉が飛散し始める1〜2カ月前からネトルのハーブティーで免疫を整え、シーズン中は成分が凝縮されたサプリメント(カプセル剤)でとると効果的です。

ネトル(西洋イラクサ)の葉

・ペパーミント
ペパーミントに含まれるメントールが鼻の粘膜に有効に作用して花粉症の症状を緩和します。また、爽やかな香りで清涼感が得られるでしょう。

ペパーミントの葉

・タイム、セージ
抗菌力が強いハーブです。ドイツでは小児の呼吸器疾患にタイムのハーブティーを処方しています。

タイムとセージの葉

シーズン前の対策と初期治療で花粉症の重症化を抑える

疲れや不規則な生活で免疫機能が乱れていると、花粉症の症状が現れやすくなるため、シーズン前から十分な睡眠やバランスのとれた食生活で免疫を整えておくことが大切です。その際にも、免疫のバランスを整える作用のあるハーブは活用できます。

また、花粉を浴び続けてアレルギー反応を繰り返すうちに、鼻の粘膜の炎症が激しくなって花粉症の症状が悪化してしまいます。しかも一度炎症を起こすと、ほこりや細菌などにも敏感になり、さらに症状が悪化することも。

薬を持つ女性の手

花粉症に我慢は禁物。少しでも症状が出たらすぐ医薬品をのむなどの治療や、セルフケアでの対策を早めに行いましょう。

この方にお話を伺いました

いりたに内科クリニック院長 入谷 栄一 (いりたに えいいち)

入谷 栄一

呼吸器専門医、アレルギー内科専門医、がん治療認定医、総合内科専門医。東京女子医科大学第一内科、日扇会第一病院などを経て、現職。長年の在宅診療の経験より、内科系にとどまらないオールマイティーな診療を実践する他、雑誌やテレビなどメディアでも活躍。NPO法人メディカルハーブ協会理事も務める。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP