生薬について

ウコン Curcuma longa Linnéの根茎。ショウガ科の植物で、「秋ウコン」と呼ばれる種類が生薬として使用されています。

ウコン

ウコンはインド伝統医学のアーユルヴェーダで、黄疸(おうだん)の特効薬とされています。

ウコンの効果と効能

漢方では、理気(気を巡らせて整える)・去お(血行障害の治療)・痛み止めとして、胸部痛・月経痛・打撲などに用いられます。また、利胆(胆汁の分泌促進)・健胃作用があるので、肝臓の不調・胃炎や胃酸過多などにも使用されています。

ウコンに含まれるクルクミンや精油などの有効成分には、胃液の分泌を高めたり、血液凝固の防止・鎮痛鎮静・コレステロール値の抑制・ガン抑制・抗酸化・アルツハイマー予防など非常に幅広い効能があることがわかっています。日本では特に沖縄でなじみが深く、「ウッチン」と呼ばれるウコン茶を二日酔い予防のため、お酒を飲む前後に飲用します。

ウコンこぼれ話

ターメリックとも呼ばれ、スパイスとしてカレー作りになくてはならない存在です。その明るい黄色とスパイシーな風味が特徴で、インドや東南アジアでは人々の暮らしに根付いてきました。日本ではたくあんの色付けにも使用しています。

インドネシアの結婚式では、新郎新婦がウコンを擦ったものを体に塗る風習があります。「浄化」を意味する化粧品としても使われていて、南インドでは、ウコンで顔をうっすらと黄色く染めた婦人が見かけられます。ウコンには邪悪なものを避ける力があると信じられているタイでは、お坊さんがウコン染めの外衣をまとっています。また、ウコンには防虫・抗菌の効果もあり、ウコン染めの風呂敷で大切な衣類や書画骨董などを包んでおくと、虫がつきにくくなります。