不調の原因

不調の原因

見逃していませんか?
病気に向かいつつある状態、「未病みびょう」。

未病みびょうとは

東洋医学の病理概念のなかに未病みびょうという言葉があります。
病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。
例えば、手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調。それは病気のサインかも知れません。

未病みびょうは病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと。

健康診断や、検査などで異常がなくても、
自覚症状がある場合は、未病みびょうの状態である可能性があります。

こんな不調を感じていませんか?

  • 手足が冷える
  • 胃腸が弱り気味
  • 体が冷えてよく眠れない
  • 疲れがたまる
  • 顔色が悪い
  • 食欲がない
  • 疲れていて寝起きが悪い

未病みびょうを改善するには
「体本来の力」を整えることが大切です。

私たちの体は、生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあります。
未病みびょうの改善には、血流を改善し、この体本来の力を高めることが大切なのです。

未病みびょうについて詳しく知る

薬用養命酒で症状改善

体本来の力を整えて、
症状を改善していくのが薬用養命酒です。

冷えを改善

手足や腰の冷え・肩や背中の冷えによく効きます。

手足や腰、肩や背中が冷えてつらい。そんな冷え症に、薬用養命酒がよく効きます。
自然の生薬の薬効成分が血行とともに体内を巡り、代謝機能を整えて冷えを改善します。

胃腸の働きを整える

胃腸が弱い方・不調が続く胃腸によく効きます。

消化器官が弱く胃腸の調子が悪い。また、このところ胃腸が弱りぎみという方に薬用養命酒。
食前に少しずつ服用していくことで、弱った胃腸の働きを整え、丈夫にしていきます。

疲れ・体力の回復

たまった疲れ・続く疲れによく効きます。

体がだるい、疲れがとれない。ずっと続く肉体疲労でお悩みの方は薬用養命酒をお試しください。
滋養強壮剤として体力をつけながら、疲労を和らげていきます。体力がない方・すぐ疲れる方によく効きます。

前のページに戻る

ページの先頭へ