薬用養命酒

薬用養命酒のボトルが新しくなりました。

養命酒の効能と効果

薬用養命酒は滋養強壮剤として、様々な症状を改善していきます。

ポカポカな手足で
気持ちよく

手足や腰、肩や背中が
冷えてつらい方に。
薬用養命酒に含まれる生薬の
薬効成分が血行とともに体内を巡り、
代謝機能を整えて冷えを改善します。

詳しくはこちら

ポカポカな手足で気持ちよく

元気な体で毎日を楽しく

体がだるい、疲れがとれないといった肉体疲労でお悩みの方に。滋養強壮剤として体力をつけながら、疲労を和らげていきます。

詳しくはこちら

元気な体で毎日を楽しく

食後の調子が良い

消化器官が弱く、胃腸の調子が悪い方、胃腸が弱り気味という方に。薬用養命酒を食前に服用していくことで、弱った胃腸の働きを整え、丈夫にしていきます。

詳しくはこちら

食後の調子が良い

病気になったら体力回復が大切

病中病後で体力をつけたい方、病後の体調の回復が遅い方に。薬用養命酒の薬効成分は、体の基本となる働きを整えて、本来の健康な状態へと導きます。

詳しくはこちら

病気になったら体力回復が大切

毎日の食卓を美味しく味わえる

食欲がない、食べたいのに食べられないという方に。薬用養命酒を食前に服用していくと、薬効成分によって胃腸の働きが活発になり、食欲を正常に戻す力があります。

詳しくはこちら

毎日の食卓を美味しく味わえる

体質を整え体力をつける

体が弱い方、体力不足を感じている方に。薬用養命酒は穏やかな作用の滋養強壮剤として体を丈夫にし、肉体疲労を和らげながら徐々に体質を整え体力をつけていきます。

詳しくはこちら

強い体で体質を整え体力をつける

顔色が良くなる

疲れがたまって、指先が冷えて血色が悪いとお悩みの方に。薬用養命酒の薬効成分は血行とともに体内を巡り、新陳代謝を活発にして血色不良を改善していきます。

詳しくはこちら

顔色が良くなる

不調の原因

見逃していませんか?病気に向かいつつある状態、「未病みびょう」。

未病とは

東洋医学の病理概念のなかに
未病みびょうという言葉があります。
病気と言うほどではないけれど、
病気に向かいつつある状態のことです。
例えば、手足の冷えや体の疲れ、
胃腸の不調。
それは病気のサインかも知れません。

未病みびょうについて詳しく知る

元気な体で毎日を楽しく
  • 胃腸の不調かかえていませんか?
  • 疲れのケアできていますか?
  • 女は7の倍数、男は8の倍数。
  • 冷えは病気のサイン

薬用養命酒について

薬用養命酒は、14種類の生薬が溶け込んだ
合醸法ごうじょうほう」と言われる、薬酒やくしゅ本来の製法で造られます。第2類医薬品

生薬について

生薬の力を、
お酒の力で引き出しました。
生薬は、
複数種を組み合わせて用いると、
効きめの幅を広げます。
互いによい所を引き出すことから、
「生薬の相乗作用」といわれます。

生薬について詳しく知る

正しい飲み方

1日3回、20mLずつ、
食前またはおやすみ前に。
コツコツと飲んでいくことで
じっくり効いていきます。

薬用養命酒は
自然の生薬が溶け込む医薬品の薬酒やくしゅです。
用法・用量を守って正しく服用してください。

薬用養命酒の正しい飲み方

正しい飲み方

製品情報

薬用養命酒は生薬の薬効成分による穏やかな作用で、
体調を整えて、健康へと導く滋養強壮剤です。
それぞれの特徴を活かして配合された14種類の生薬の相乗作用から、
薬用養命酒の滋養強壮剤としての効能が生まれます。

成分・分量(60mL中)

日局 インヨウカク 114mg
日局 ウコン 36mg
日局 ケイヒ 270mg
日局 コウカ 12mg
日局 ジオウ 60mg
日局 シャクヤク 60mg
日局 チョウジ 24mg
日局 トチュウ 18mg
日局 ニクジュヨウ 48mg
日局 ニンジン 60mg
日局 ボウフウ 96mg
日局 ヤクモソウ 48mg
  ウショウ 594mg
  ハンピ 12mg

上記の生薬を日局規定のチンキ剤製法に準じて浸出する。
添加物として、みりん、アルコール、液状ブドウ糖、カラメルを含有する。
アルコール分14vol%

製品情報を詳しくみる

2017年6月1日、「改正酒税法」が施行されます。
現在「薬用養命酒」は第2類医薬品として販売されておりますが、アルコール分を含みますので同法の適用を受けます。

ページの先頭へ