生薬について

Cistanche deserticola Y.C.Ma またはホンオニク Cistanche salsa C.A.Meyerの肉質茎。中央アジアやモンゴルの砂漠地帯に生えている植物の根に寄生する植物です。

ニクジュヨウ

ニクジュヨウはニクショウヨウとも呼ばれ、穏やかな強壮・強精効果がある生薬です。

ニクジュヨウの効果と効能

漢方では、強壮・強精における重要な生薬として知られ、性的不能や不妊症、足腰が萎えて弱った状態、物忘れなどの場合に用いられます。神経衰弱で元気がない、倦怠感を感じるなど、なんとなく力が出ない方にもよく合う生薬です。効用が緩やか(従容)なことからこの名があり、体を温めて、穏やかに滋養を補うので、高齢者や体力のない方でも安心して服用できます。

また、ニクジュヨウには渇きを潤して、腸をなめらかにする効果もあります。寝たきりや術後で衰弱すると便秘になりやすくなりますが、そんなときにもニクジュヨウがよく合うといわれています。薬酒として服用すると、毎日少量ずつ服用することによって、穏やかに体を補う作用がよりよいかたちであらわれます。

ニクジュヨウこぼれ話

中央アジアから、モンゴルや中国の砂漠地帯に分布するハマウツボ科の植物です。

別名のホンオニクから動物性だと誤解されがちですが、寄生植物で葉が退化してうろこ状になり、肉に似た感じがするため「にく」、霊験ある薬草のため「御(おん)」をつけて「御肉(オニク)」という名が付きました。中国では、産後衰弱して体力回復が遅いときに、食べて滋養をつけるそうです。ニクジュヨウに枸杞子(クコシ)や黄耆(オウギ)などの生薬を加えて、鶏肉と一緒に煮る料理があります。