平安時代から使われた和製ハーブ!しそ(紫蘇)の効果・効能と使い方
NEW

平安時代から使われた和製ハーブ!しそ(紫蘇)の効果・効能と使い方

薬味として馴染み深いしそは、日本に古くから伝わる生薬の1つ。青じその葉はスーパーなどで「大葉」の呼び名で販売されています。

原産地は中国ですが、縄文土器と共にしその種実が出土したことから、日本でも古くから自生していた可能性があるといわれています。平安時代には日本でも栽培されており、当時は咳止め薬や、種から取れる油が灯火用に使用されていたようです。

しその効果・効能

発汗や殺菌、胃液の分泌を促すなど様々な効果があるしそ。特に胃腸の不調に有効で、食欲増進や健胃作用が期待できます。抗酸化作用も高いため、日常的にとりたいハーブのひとつです。

また、気の巡りをよくして気分を爽快にする作用や、魚介類などの食中毒に対する解毒・予防効果もあります。

生薬として活用されるしそ

生薬名は「蘇葉(そよう)」 (または「紫蘇葉(しそよう)」)といい、中国では古来、薬草として使用されてきました。その昔、カニによる食中毒で死にかけていた人に紫のしその葉を食べさせたところ、蘇ったことが生薬名の由来と伝えられています。

生薬では主に赤じそが使用されますが、青じそにも同じような効果を期待することができます。

漢方では胃腸症状を伴う風邪や夏風邪に処方される「香蘇散(こうそさん)」に用いられています。

赤じそ

赤じそ

しその成分とは?

ペリルアルデヒド(Perillaldehyde)という精油成分がしそ特有の香気成分です。その他にもアントシアン類、フラボン類などの成分を含んでいます。

現在、食用として薬味や刺身の添え物に使われることが多いのは、しその香り成分であるペリルアルデヒドに強い殺菌、防腐作用があるためです。

しその魅力を引き出す! 料理での使い方

魚や肉と一緒に

肉や魚の臭みを消したり、消化を促したりする作用もあるので、例えばひき肉料理に加えるのも有効。胃腸の機能を助けるので、胃もたれや夏バテ対策にもなります。

しそハンバーグ

ひき肉に刻んだしそを混ぜこんでつくねハンバーグに。しその風味が食欲をそそります。

お腹の中から体を温めて消化を助けるアジとあわせて、水餃子にするのもおすすめです。食欲がないときでもツルっと食べられます。

ドリンクで楽しむ

しそが大量に手に入ったら、ジュースにするのはいかがでしょう。冷蔵庫で3ヶ月ほど保存可能です。

しそジュース

〔材料〕
赤じそ......200g
水.............1L
砂糖.........200g
酢............100~200ml
※砂糖・酢の種類はお好みのものでOK。りんご酢などのフルーツ酢を使っても美味しく仕上がります。
〔作り方〕
よく洗った赤じそと水を鍋に入れて煮る。葉が緑色になったら絞って出し、煮汁を作る。
1. に砂糖を加えたら、火からおろして粗熱をとり、酢を加えて混ぜる。
冷まして保存容器に入れ完成。水や炭酸水で割ると美味しくいただけます。

他にも、しその葉を適当な大きさにちぎり、ジンのロックやソーダ割りに加えても爽やかに楽しめます。

初夏が旬の赤じそを使い、梅干しを漬け込むのも良いですね。青じそは温室栽培が行われ、通年安定して出荷されています。

この方にお話を伺いました

養命酒製造株式会社 クロモジ推進室フェロー 丸山 徹也 (まるやま てつや)

丸山 徹也

1958年長野県生まれ。1981年静岡薬科大学薬学部卒業後、養命酒製造株式会社入社。中央研究所研究部長、商品開発センター長を歴任。2020年よりクロモジ推進室フェロー。薬剤師。

※この記事の情報は、『養命酒だより2020年夏号(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP