世界から注目!クロモジとローズウッドの香り成分「リナロール」の魅力
NEW

世界から注目!クロモジとローズウッドの香り成分「リナロール」の魅力

古くから多くの人々を魅了してきたクロモジとローズウッドの香り。

この爽やかでフローラルな香りのもとは一体何でしょうか?

クロモジとローズウッドの香りを印象づける、香りの主成分「リナロール」の魅力をご紹介します。

植物の香り成分が教えてくれること

アロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)は、植物の葉や花、枝や果皮などから抽出した天然の芳香物質。

それぞれに特有の成分が含まれ、複雑に絡み合って精油の香りや特徴を作り出しています。

そのため、主な成分から香りや精油のもつ作用などを概ねイメージすることができます。

成分を知ることは、植物が生命を営むために用意した力を、ありがたく活用するヒントになるでしょう。

この香り成分は、植物全体に均一に含まれているわけではありません。

それぞれ特有の部位に蓄えられているため、同じ植物でも抽出する部位により精油に含まれる成分が異なり、香りも異なります。

クロモジも然り、抽出する部位(枝、葉)、品種だけではなく、地域、採取の時期により、香りを構成する成分や各成分の含有量も異なることが知られています。


画像2.jpg

クロモジは初夏に向けて精油量が増加していく傾向にあります。

クロモジ精油の抽出方法

クロモジ精油の抽出方法は、「水蒸気蒸留法」。

原料と水を蒸留窯に入れ、蒸気と共に揮発した精油成分を冷却して再び液体にし、精油と芳香蒸留水(クロモジウォーター)の2層に分離させ、採油します。


画像3.jpg

蒸留中のクロモジ。精油は芳香蒸留水より軽いので上に集まる。

この精油成分分析を行うと、クロモジの多くは「リナロール」という成分が主な含有成分であることが分かります。

アロマを代表する香り成分「リナロール」

リナロールは、心落ち着くフローラル調の香りが特徴。

ラベンダーやローズウッド、イランイラン、ベルガモット、スイートオレンジといった、アロマテラピーの中でも人気の高い香りに含まれる成分です。

画像4.jpg

ラベンダーは酢酸リナリルやリナロールが主な芳香成分。

一般的にリナロールの作用として挙げられるのは、鎮静、抗不安、抗炎症作用など。

クロモジをはじめ、リナロールを含む精油には、これらの働きが期待できるといえます。

高級香水の香料、ローズウッドの「リナロール」

画像5 香水イメージ.jpg

世界中で多くの香水に使用されてきた「リナロール」

そして、リナロールは芳しい香りであると共に、皮膚にも穏やかに作用することから、化粧品や香水にも用いられています。

古来、人々を魅了してきたバラの香り成分「ゲラニオール」と共に、リナロールは良い香りがする世界トップクラスの香り成分とされています。

このリナロールが主成分で、ブラジル・アマゾンが主な産地である「ローズウッド」(クスノキ科)は、高級香水の香料や建材として世界中から注目を集めてきました。

画像⑥ ローズウッド.JPG

©生活の木

ローズウッド(クスノキ科 常緑性高木) 樹高20~30m南米、グレートアマゾン地域に原生

このローズウッドですが、リナロールを合成する技術が開発され、安価な合成リナロールが使われるようになったことや、土地開発・大量伐採・エルニーニョ現象(雨量の低下)によって、今は絶滅の危機に瀕しています。

現在、ブラジルでの伐採・移動・輸出は政府の許可が必要となっており、ローズウッドの再生計画は着実に進行しているようです。

今後も地球環境保全のため、森林保護、持続可能な栽培、活用が期待されます。

ローズウッドと同じクスノキ科であり、同等にリナロールを多く含むクロモジは、香りの魅力においても今後世界的に注目されることでしょう。

■関連参考記事

「アマゾンの香木ローズウッド」 生活の木Herb Travel 佐々木 薫ハーブ紀行

TEXT by Kaoru Sasaki

この方にお話を伺いました

株式会社ジャパンライフデザインシステムズ所属 葛和 恵奈子 (くずわ えなこ)

葛和 恵奈子

英国IFAアロマセラピスト/AEAJアロマセラピスト/AEAJアロマセラピーインストラクター/メディカルハーブコーディネーター
編集者として取材で出会ったハーブ&アロマのチカラに魅せられ、メディカルハーブ健康術&生活術を学ぶ。専門学校講師として、またイベントやセミナーでTPOに合わせたハーブ&アロマ活用方法を伝えている。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP