シミやたるみの原因は糖化?酸化?セルフチェックとケアで対策!
NEW

シミやたるみの原因は糖化?酸化?セルフチェックとケアで対策!

30歳を過ぎる頃から気になりだす肌のハリやくすみ、シミ、しわ......。見た目年齢の9割は肌で決まるといわれています。

肌の老化を進めてしまう原因には、紫外線による酸化だけでなく、食事などからとった余分な糖が原因の糖化もあります。

酸化も糖化もゼロにはできませんが、食事や運動など生活習慣を見直すことで、抑制することができます。抗糖化&抗酸化のダブルエイジングケアで、いつまでも美しい肌を手に入れましょう。

シミ、しわ、たるみ...肌の老化の原因は紫外線と余分な糖!

「からだのコゲ」!? 糖化とは

糖化とは、食事などからとった余分な糖分が体内のタンパク質と結びつきコゲた状態になって細胞を老化させる現象です。

この糖化のプロセスで「AGEs(エージーイーズ):終末糖化産物)と呼ばれる物質が発生し、様々な肌トラブルを招きます。

「からだのサビ」!? 酸化とは

糖化が「からだのコゲ」と言われるのに対して、「からだのサビ」と呼ばれるのが酸化。

酸化とは、体内に取り込んだ酸素の一部が活性酸素に変化し、細胞を攻撃することです。私たちの体には元々活性酸素の害を押さえる酵素が備わっていますが、その酵素の働きは残念ながら年齢とともに低下します。

さらに、酸化を加速させるのが紫外線です。大量の活性酸素を発生させ、シミやしわなど、肌の老化を進めてしまいます。

◯糖化がもたらす肌トラブル

肌のトラブル

[黄ばみ]
AGEsがたまると肌の黄ばみが強くなり、血色が悪く見えます。

[硬化とたるみ]
肌のハリと弾力を支えるコラーゲン繊維やエラスチン繊維が糖化すると、肌の弾力が低下し、硬くもろくなります。さらにもろくなった繊維がちぎれると肌がたるみます。

[小じわ]
角質細胞のケラチン繊維がたまったAGEsにより固められ劣化すると、肌表面の弾力性が低下し、小じわが現れます。

[乾燥]
肌のうるおいを保つ角質細胞の中にあるタンパク質が糖化すると、保湿成分の産出を促し、助けるための様々な酵素の分泌が阻害されます。すると肌の水分が失われ、みずみずしさを失います。

[シミ]
紫外線の害から肌を守るメラニン色素は、肌細胞の糖化によりAGEsがたまるとうまく代謝されずにシミになります。またAGEsが色素細胞を刺激してメラニンの産生量を増やすこともシミの原因となります。

また、糖化に紫外線による酸化が加わることでAGEsの産出量が増え、肌の老化を加速させてしまうことに。そのため、糖化対策と同時に、日焼け止めの使用などの紫外線対策も必要になります。

肌の糖化度をチェック!

糖化度チェックリスト

0~7点 大丈夫。このペースを守り、将来のために甘いお菓子・ジュースなどの糖や、パン・ご飯などの炭水化物のとりすぎに注意しましょう。
8~20点 肌の糖化が始まっています。生活習慣を見直し、対策を始めましょう。

今すぐ始められる、見た目年齢を下げる簡単習慣

糖化も酸化も完全に避けることはできませんが、生活習慣を少しだけ見直すことで抑制することができます。例えば、食べる順番や食べ方を工夫することもその一つ。できることから始めましょう!

肌の老化を防ぐ、食べ物や食べ方

キッチンにある野菜

・ベジタブルファースト
最初に食物繊維が豊富な野菜やきのこ類から食べるベジタブルファーストを取り入れましょう。糖化の原因となる糖が吸収されるスピードを遅らせることができます。

・クエン酸をとる
酸味の物には、消化を遅らせて血糖値の急上昇を防いだり、糖の消費を助けたりする作用があります。レモンやお酢などを意識してとりましょう。

・一口30回以上かむ習慣を
よくかんで食べることで表情筋を鍛えられ、たるみがちな頬や顎がシェイプアップされるだけでなく、ほうれい線対策にも。また、血行がよくなり新陳代謝がアップするため、AGEsの排泄にもつながりますよ。

・腸内環境を整える
腸内を善玉菌優位にして弱酸性に保つことで、AGEsの生成が抑制されます。腸内環境を整える乳酸菌や発酵食品などをとり入れましょう。

いつもの生活習慣で、エイジングケア!

犬と歩く人

・今よりも15分多く歩く
余分な糖を消費するために、簡単に始められるのがウォーキング。たくさん歩こうとするのではなく、今より15分多く歩く程度に目標を定めて行うのが長く続けられるコツです。

・オフィスでお手軽筋トレ
筋肉量が増えると基礎代謝がアップし、糖の消費が増えます。椅子や机に捕まったまま行えるスクワットや斜め腕立て伏せを20回ずつくらい行うのがおすすめです。

・十分な睡眠時間と質を確保
肌の新陳代謝を高めてAGEsの排泄を促すためには良質な睡眠が不可欠。睡眠を妨げるスマホの操作は寝る1時間前にはやめましょう。また、布団に入る2時間前に牛乳やヨーグルトをとると寝つきがよくなりますよ。

筋肉の維持も大事!

糖化は筋肉にも悪影響を及ぼします。筋肉を形成しているタンパク質が糖化すると、筋肉量が低下。糖はその7割が筋肉で消費されますが、筋肉量が少ないと消費されずに余った糖がさらに筋肉内のタンパク質と結びつき、より筋肉量を低下させてしまうという悪循環に陥ります。

見た目年齢を上げるインパクトが強いほうれい線は、表情筋の衰えが原因でもあります。

こまめに体を動かしたり、ウォーキングなどの軽い運動を継続的行なったりするなどと共に、口を大きく開いで「あ・い・う・え・お」と言うなど、表情筋を鍛えるエクササイズも行いましょう。

笑顔の口元

糖化・酸化対策に! ハーブティーは抗糖化&抗酸化の救世主

老化などで活性酸素を消去する酵素が減少しても、意識的に抗酸化作用のある物質を取り入れることで、酵素の働きを補うことができます。

ハーブには抗酸化作用、抗糖化作用を持つものが多いので、忙しくて食事や運動まで気が回らないという人は、いつも飲んでいるコーヒーやドリンクをハーブティーに置き換えてはどうでしょうか。

カフェインが含まれていない物が多いので、就寝前に飲んでも睡眠を妨げません。

・カモミールティー
リラックス作用があるので安眠をもたらす作用も。

・甜茶
中国で古くから飲まれてきた甘味のあるお茶。アレルギー性疾患にも効果があります。

・ルイボスティー
南アフリカでよく飲まれている健康茶。紅茶のように赤く、ほのかな甘みが特徴。

・クロモジ茶
養命酒にも配合されている和製ハーブ。甘く爽やかな香りが特徴で、のど飴や料理にも活用されます。

また、近年では4種類のハーブ(カモミール、ドクダミ、セイヨウサンザシ、ブドウ葉)から生まれた、抗糖化作用を有するエイジケア素材「AGハーブMIX™」 を配合した商品も販売されています。こういった手軽に取り入れられるものを活用するのもよいでしょう。

この方にお話を伺いました

同志社大学生命医科学部/アンチエイジングリサーチセンター教授 米井 嘉一 (よねい よしかず)

米井 嘉一

1958年東京生まれ。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学後、日本鋼管病院内科、人間ドック脳ドック室長などを歴任し、2008年より現職。日本抗加齢医学会理事、立教セカンドステージ大学講師。近著に『最新医学が教える 最強のアンチエイジング』(日本実業出版社)『「抗糖化」で何歳からでも美肌は甦る』(メディアファクトリー)などがある。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP