Q&A

「薬用養命酒」に関するよくあるお問い合わせ

飲み方、効果、保存方法など「薬用養命酒」に寄せられた質問を集めました。

品質・安全性は?

Q. 瓶口のキャップに結晶がついて固くなってしまいます。この結晶は何ですか?
A.
瓶口の固着は、養命酒のエキス分(不揮発成分)で主にブドウ糖です。
お口に入ってもお体に差し支えることはありませんのでご安心ください。
瓶口が固着している場合は、キャップの部分を熱めの湯に浸すと開けやすくなります。
Q. 保存料、添加物は使っていますか?
A.
「薬用養命酒」は、有効成分である生薬以外の原材料(みりん、アルコール、液状ブドウ糖、カラメル)を添加物として使用しています。「薬用養命酒」に含まれる添加物は、合成着色料、保存料などとは異なり、長年続けても心配のないきわめて安全なものです。
Q. 放射性物質の検査は行っていますか?
A.
原料生薬ならびに最終商品はロットごとに放射性物質を計測し、検査・確認のうえ商品を出荷しています。
Q. パッケージの生薬名の前などについている「日局」とは?
A.
「日局」とは、「日本薬局方」の略称で、主要な医薬品について、品質等を法的に規制するために設けられた薬の規格書のことです。この日本薬局方に収載されている医薬品は、定められた一定の規格に合致したものを使用しなければなりません。
Q. チンキ剤製法とは?
A.
添付文書等に「チンキ剤製法に準じて・・・」という表記があります。チンキ剤とは生薬をエタノール(アルコール)またはエタノールと精製水の混液で浸出した液剤の総称のことです。
ヨードチンキがイメージとして結びつき、ヨード(ヨウ素)が入っていると思われる方がいらっしゃいますが、「薬用養命酒」にはヨード(ヨウ素)は含まれていません。

容量は?

Q. 試してみたいのですが、1000mLより小さい容量のものはないのですか?
A.
1000mLより小さい700mLの容量があります。ご希望の場合はお近くの薬局・薬店・ドラッグストアでお尋ねいただくか、お客様相談室 03-3462-8222(9:00〜17:00 土・日・祝日を除く)までお問い合わせください。

どこで買えるの ?

Q. どこで買えますか?
A.
「薬用養命酒」は第2類医薬品として、全国の薬局・薬店・ドラッグストアにて販売しています。
Q. 養命酒オンラインショップ(通信販売)で購入できるの?
A.
現在、当社ではインターネット等を通じた通信販売は行っていません。
お近くの薬局・薬店・ドラッグストアでお買い求めください。
Q. 海外での入手方法は?
A.
現在のところ、香港、マレーシア、シンガポール、台湾、タイでの販売を行っています。
国によって取り扱いの形態が違いますので、詳しくはお客様相談室 03-3462-8222(9:00〜17:00 土・日・祝日を除く)までお問い合わせください。

その他

Q. 他の薬酒との違いは?
A.
薬用養命酒は「合醸法」という薬酒本来の製法で製造されている特徴ある薬酒です。
「合醸法」とは、生薬を所定の方法であらかじめ配合し、これを原酒に浸漬し、熟成させる方法です。なお、この方法で製造する薬酒は、味がまろやかで芳醇な上、効果のあらわれ方も特徴があるといわれています。
Q. 瓶だと重いし、捨てるのももったいないです。ほかの材質には変えられないの?
A.
「薬用養命酒」はアルコールを含む医薬品のため、品質や薬効保持上の厳しい制約があり、最適な容器としてガラス瓶を用いることで製造許可を受けています。
廃棄後の空瓶は、当社が委託する団体(日本容器包装リサイクル協会)がリサイクルをおこない、ガラスの原料(カレット)として製瓶会社へ送られ、新しい瓶が再生産されています。
*当社では瓶の軽量化に取り組み、エコ対策にもつとめています。
Q. 駒ヶ根工場は個人でも見学できるの?申し込み方法を教えて。
A.
インターネットか電話で予約いただければ、個人様でも見学が可能です。敷地内の「養命酒健康の森」では豊かな自然のなかを散策でき、記念館・カフェ・ショップも併設しています。こちらは予約不要で自由にご利用いただけます。
駒ヶ根工場 見学のご案内
Q. 最近、リニューアルしたと聞きましたが、中身も変わりましたか?
A.
養命酒の扱いやすさの点で、液だれを防ぐための中栓の装着、読みやすいラベル・外箱へのデザイン変更といったリニューアルを行いました。
なお、養命酒の含有成分、容量、効能等、中身については、一切変更ありません。
商品改善について
薬用養命酒の詳しい資料をお送りします

商品別Q&A

  • このウェブサイトに関して

    お電話にてお問い合わせください。

    マーケティング部 03-3462-8338

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 工場見学のお申し込み

    お電話にてお問い合わせください。

    工場見学受付窓口 0265-82-3310

    【受付時間】9:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

  • オンラインショップに関して

    商品配送についてはこちらよりお問い合わせください。

    Yomeishuオンラインショップ 0120-130-817

    【受付時間】9:00〜17:00
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 「くらすわ」について

    お電話にてお問い合わせください。

    代表電話 0266-52-9630

    【受付時間】10:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

  • 株式・IRに関して

    お電話にてお問い合わせください。

    経営管理部 03-3462-8138

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

商品に関するお問い合わせ 03-3462-8222 【受付時間】月〜金9:00〜17:00(土、日、祝日、弊社指定休日を除く) インターネットからのお問い合わせはこちら

  • お客様相談室TOP
  • Q&A
    • 薬用養命酒
    • ハーブの恵み
    • フルーツとハーブのお酒
    • ハー・ハーブス
    • 食べる前のうるる酢
    • 家醸本みりん
    • 養命水
    • 幸健生彩
    • ハーブプラス
    • 琥珀生姜酒
    • 高麗人参酒
    • はちみつのお酒
    • ビネガーカクテル
    • その他商品
    • 機能性表示食品
  • お客様相談室ポリシー
  • お客様からの声
  • 商品改善について

おすすめコンテンツ

  • 生薬と薬酒のなるほど事典
  • 養命酒
  • 女は7の倍数、男は8の倍数
  • 未病とは
  • 月刊 元気通信

飲酒は20歳になってから。お酒は楽しく適量を。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。