Q&A

「幸健生彩」に関するよくあるお問い合わせ

飲み方、効果、保存方法など「幸健生彩」に寄せられた質問を集めました。

「幸健生彩」

Q. 市販薬と併用しても大丈夫ですか?
A.
市販薬と30分以上時間をおけば、「幸健生彩」と併用しても差し支えありません。ただし、ビタミン剤、漢方薬等を服用している場合は、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
Q. 滋養強壮のドリンク剤と併用しても大丈夫ですか?
A.
ビタミンが含有されているドリンク剤と併用される際は、念のため薬剤師や登録販売者にご相談ください。
Q. 子供は服用してはダメですか?
A.
15歳未満の服用はできません。
Q. 朝夕とは食前ですか?食後ですか?
A.
食前でも食後でもどちらでもかまいません。
Q. 昼に服用してはいけないのですか?
A.
1日2回服用の場合、最初と2回目の服用を10時間程度空けていただくことを想定しています。
昼に服用すると1日に1回の服用になるためおすすめできません。
Q. 1回に3錠飲むと効果は増大しますか?
A.
多く飲んだからといって効果が増大するようなことはありません。服用量は守って正しくお使いください。
Q. 長く続けて服用しても大丈夫ですか?
A.
「幸健生彩」は作用の穏やかな滋養強壮剤ですから、長く続けても重篤な副作用等の心配はありません。
Q. 飲んではいけない人はいますか?
A.
どなたでも特に差し支えることはありませんが、現在加療中でしたら、主治医にご相談ください。
Q. 妊娠中・授乳中でも大丈夫でしょうか?
A.
服用しても問題はありません。現在まで、「幸健生彩」に配合のビタミン剤や生薬の使用量で、妊娠・授乳中での副作用は報告されていません。
Q. 添加物は体に害があるようなものは無いですか?
A.
一般的に医薬品に用いられている添加物ですので、安心して服用できます。
Q. 使用期限はどれくらいですか?
A.
未開封の場合、5年間です。開封後はフタをしっかり締め、なるべく早めに服用してください。

商品別Q&A

  • このウェブサイトに関して

    お電話にてお問い合わせください。

    マーケティング部 03-3462-8338

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 工場見学のお申し込み

    お電話にてお問い合わせください。

    工場見学受付窓口 0265-82-3310

    【受付時間】9:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

    *臨時休業のお知らせ:
    2017年3月31日(金)〜2017年4月2日(日)はお休みとさせていただきます。
    *施設リニューアル工事に伴うお知らせ:
    2017年1月10日(火)〜2月28日(火)は映画のみ、3月1日(水) 〜4月10日(月)は休業とさせていただきます。(記念館ショップ・カフェは営業いたします)

  • オンラインショップに関して

    商品配送についてはこちらよりお問い合わせください。

    Yomeishuオンラインショップ 0120-130-817

    【受付時間】9:00〜17:00
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 「くらすわ」について

    お電話にてお問い合わせください。

    代表電話 0266-52-9630

    【受付時間】10:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

    *年末年始休業のお知らせ:
    2016年12月31日(土)、2017年1月1日(日)、11日(水)、12日(木)、25日(水)、26日(木)は休館日とさせていただきます。

  • 株式・IRに関して

    お電話にてお問い合わせください。

    経営管理部 03-3462-8138

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

商品に関するお問い合わせ 03-3462-8222 【受付時間】月〜金9:00〜17:00(土、日、祝日、弊社指定休日を除く) インターネットからのお問い合わせはこちら

  • お客様相談室TOP
  • Q&A
    • 薬用養命酒
    • ハーブの恵み
    • フルーツとハーブのお酒
    • ハー・ハーブス
    • 食べる前のうるる酢
    • 家醸本みりん
    • 養命水
    • 幸健生彩
    • ハーブプラス
    • 琥珀生姜酒
    • 商品全般
  • お客様相談室ポリシー
  • お客様からの声
  • 商品改善について

おすすめコンテンツ

  • 生薬と薬酒のなるほど事典
  • 養命酒
  • 女は7の倍数、男は8の倍数
  • 未病とは
  • 月刊 元気通信

飲酒は20歳になってから。お酒は楽しく適量を。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。