デトックス効果も!酢玉ねぎの作り方と春のアレンジ食養生レシピ3選
NEW

デトックス効果も!酢玉ねぎの作り方と春のアレンジ食養生レシピ3選

「酢玉ねぎ」は、いつもの献立に合わせてアレンジして使える、とても便利な常備菜です。1日漬けることで玉ねぎの辛みと酢の酸味がマイルドになり、うま味がアップします。玉ねぎと酢の血液サラサラ効果も嬉しいですよ。

また、酢玉ねぎは春の食養生にぴったり。体の巡りを高める春野菜で、肝の働きを助ける「酸味」をとることができます。ただし、胃腸が弱い方は、酸味のとり過ぎに注意しましょう。

「酸味」×旬野菜で巡らせ常備菜 酢玉ねぎの作り方

保存瓶に入った酢玉ねぎの写真

〔材料〕600ml分(冷蔵庫で2~3週間保存可能/全量240kcal/塩分0.0g)
新玉ねぎ..................................大2個
酢(お好みのものでOK).......400ml

〔作り方〕

  1. 新玉ねぎは芽と芯を取り薄切りにする。
  2. 煮沸消毒した保存瓶に新玉ねぎを入れて酢を注ぎ、菜箸などでかき混ぜる。
  3. 1日置いて味をなじませる。

〇アドバイス
・玉ねぎが写真のように透き通ったら使いどきです。
漬けたばかりの状態の酢玉ねぎの写真
・干しぶどうを加えると鉄分補給になり、甘みもアップしますよ。
・揚げ物に添えたり、炒め物やサラダに加えたりして使うと、美味しくいただけます。
・玉ねぎの成分が出た酢はドレッシングに活用できます。

酢玉ねぎをアレンジ! イワシの酢玉ねぎ蒸しのレシピ

イワシを酢玉ねぎと蒸すことで、身はふっくら、やさしい酸味でさっぱりといただける一皿。EAP・DHAが豊富なイワシは、血流改善によいといわれ、積極的にとりたい食材です。

イワシの酢玉ねぎ蒸しの写真

〔材料〕2人分(冷蔵庫で2~3日保存可能/1人分350kcal/塩分0.9g)
イワシ.........................................................4尾
酒................................................................少々
塩................................................................少々
酢玉ねぎ.....................................................1カップ(200ml)
酢玉ねぎのつけ汁......................................50ml
レモンの皮.................................................適量
スパイス(粒こしょう、タイム、オレガノなど)........少々
白ワイン(または酒)..............................50ml
人参...........................................................1/4本
スナップえんどう.....................................適量

〔作り方〕

  1. イワシはウロコを取って頭と内臓を除き、流水で洗い水気を取る。バットに並べて腹と全体に酒、塩を振って15分置き、汁気を切る。
  2. フライパンに酢玉ねぎの半量を敷いて1.のイワシを並べ、千切りにしたレモンの皮とスパイス、白ワインを振ってから残りの酢玉ねぎをのせ、酢玉ねぎのつけ汁を加える。
  3. クッキングシートで覆ってふたをし、中火にかける。ふつふつとしてきたらすぐふたを取り、弱火にして10分ほど煮て火を止める。
  4. 器に盛り、塩ゆでした人参とスナップえんどうを添える。

〇アドバイス
・イワシは血合いをよく洗い、水気をしっかりとることで臭みなく美味しく仕上がります。
・和風にしたい場合は、酢玉ねぎの下に昆布を敷いて木の芽、しょうゆ大さじ1を加えます。
・食欲増進作用のあるカレー粉や好みのハーブ、スパイスを加えてもよいでしょう。
・酸味に弱い方はみりん、粗糖などを大さじ1程度加えて下さい。

5分でできる♪ 春野菜の酢玉ねぎ和えのレシピ

酢玉ねぎに、「気」を補う鶏肉と香りの春野菜を加えるだけで、あっという間に春の体にぴったりな副菜が仕上がります。

春野菜の酢玉ねぎ和えの写真

〔材料〕2人分(1人分193kcal/塩分0.5g)
鶏むね肉(酒蒸し).................................小1枚
せり(または三つ葉 1束)...................1/2束
ベビーリーフ............................................1パック
酢玉ねぎ...................................................大さじ1強
オリーブ油...............................................大さじ1
塩・こしょう............................................各少々
サラダ菜...................................................適量
ラディッシュ(輪切り).........................適量

〔作り方〕

  1. 鶏むね肉は細かく割く。せりは3cmの長さに切り、ベビーリーフと合わせる。
  2. ボウルに酢玉ねぎを入れてオリーブ油を加えてよく混ぜる。(鶏の蒸し汁があれば大さじ1程度加えると、うま味が増します)塩、こしょうで味をととのえ、鶏むね肉を加えて和える。
  3. 器にサラダ菜とラディッシュを敷いて1.の野菜をのせ、2.を盛りつける。

デトックスを促す。 たけのこと椎茸の卵とじスープのレシピ

たけのこなどの苦みを持つ春野菜は、便通を良くして、冬に溜め込んだ不要なものの排出を促してくれます。また、体内の代謝を促す作用もあり、疲労回復やスタミナアップにも役立ちます。香りのよいあさつきや椎茸、スパイスの黒こしょうが「気」の巡りを促す、洋風の卵とじスープです。

たけのこと椎茸の卵とじスープの写真

〔材料〕2人分(1人分64kcal/塩分1g)
ゆでたけのこ(市販のたけのこ水煮).......40g
生椎茸................................................2個
コンソメ.............................................小さじ1/2
酒.......................................................大さじ1と1/2
卵.......................................................1個
塩.......................................................少々
あさつき(斜め切り)........................6本
黒こしょう.........................................少々
水.......................................................400ml

〔作り方〕

  1. ゆでたけのこは食べやすい大きさに切る。生椎茸は軸を取り、笠を薄切りにする。
  2. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら1.とコンソメ、酒大さじ1を加えてひと混ぜし、再沸騰したら1分ほど煮る。
  3. 卵は割ほぐして残りの酒を加えてよく混ぜておく。2.に塩を加えて味をととのえてから溶き卵をまわし入れ、あさつきを加えてひと混ぜしてから火を止める。器に盛り、黒こしょうを振る。

この方にお話を伺いました

料理研究家 管理栄養士 国際中医薬膳管理師 植木もも子 (うえき ももこ)

植木もも子

中医学や雑穀などを取り入れた、 美味しいだけでなく、体によい料理が評判。『からだを整える薬膳スープ』(マイナビ)、『いちばんやさしいさかな料理の本』(日東書院)他著書多数。

※記事内の情報は全て、『養命酒だより2019春号(養命酒製造株式会社)』より参照しています。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP