養命酒の空き箱を使用した『めがねスタンド』の作り方
NEW

養命酒の空き箱を使用した『めがねスタンド』の作り方

「何かに使えそうで空き箱をついとっておいたら、たまってしまった...」
薬用養命酒の箱は、瓶を保護するために厚手で丈夫にできているため、そういったお声をよくいただきます。
そこで、今回はその空き箱を使用した『めがねスタンド』の作り方をご紹介します。
作り方は、養命酒だより(薬用養命酒のご愛飲家様向けに発行している季刊誌)読者様に教えていただきました。ありがとうございます!

用意するもの
薬用養命酒1000mLの空き箱
定規
ペン
カッター
ホチキス(あれば両面テープも)

まずは、養命酒の空き箱を写真のように開きます。使用するのは一番広い面×2面です。

めがね解体図1.jpg

めがね解体図2.png

開いたものを裏返し、横にします。
図内のサイズ(単位=cm)を参考に、青線の通りに下書きをして5つの部品に切り分けます。
※赤線は折り線です。定規などで折り目に跡を付けると折りやすくなります。

めがね手順1.png

❶と❷を写真のように重ね合わせ、❷の両端をホチキスで止めます。
止めた後は、ホチキスの芯の先が飛び出していないか確認しましょう。

めがね手順2.png更に❸を写真のように重ね、ホチキスか両面テープで❶と❸を固定します。

めがね手順3.png

❹と❺を写真のように合わせ、ホチキスで止めれば出来上がりです♪

めがねをセットするとこのようになります。

めがね完成1.jpg

空き箱の活用、皆様も是非お試しください。

SHARE

   
    
北欧、暮らしの道具店
絵本ナビスタイル
Greensnap
水戸市植物公園
オムロン リズム
コロカル
HORTI(ホルティ) by GreenSnap
TOP