毎月旬な健康情報をお届け!養命酒ライフスタイルマガジン

月刊 元気通信

養命酒

養命酒製造“中の人”偏愛の逸品 2022年4月号

「駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース」の可能性に挑戦!
ソース1本で最香(さいこう)の焼きおにぎりが完成♪

  • facebook
  • twitter
  • line

元気通信編集部員ヒカリ

みなさん、こんにちは。元気通信編集部員のヒカリです。 前回、「家醸本みりん」を使った生キャラメルをご紹介して以来の登板となりますね。至福の生キャラメルは楽しんでいただけたでしょうか?

さて、今回私がご紹介したいのは「駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース」なる、またしても調味料です。当社の工場がある長野県駒ヶ根市には「駒ヶ根ソースかつ丼」という名物グルメがあるのです。ご飯の上に、ソースに漬けたとんかつ&千切りキャベツがのった丼で、ジューシーなとんかつと甘辛いソース、そしてシャキシャキのキャベツが三位一体となり、それはもうえもいわれぬ美味しさ!
私も家族もこの「駒ヶ根ソースかつ丼」が大好き!
でも、揚げ物をしたあとはコンロ周りの掃除が必要だったり、自分の揚げ物欲に歯止めをかけるという意味もあったりで、我が家では「揚げ物は月1回の“揚げ物day”だけ」というルールを設けています。「駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース」はその決め手の調味料として頼りにしていたのでした。

先日、その待ちに待った“揚げ物day”でショッキングな事件が発生(笑)。
なんと、ちょっと目を離したすきに私の分のとんかつが娘に取られてしまったのです。。。まさに、“とんびに油揚げをさらわれる”ならぬ、“愛娘に揚げ物をさらわれる”状態。

「お母さんの作ったソースかつ丼、本当に最高だね!」と美味しそうに食べてくれる姿に喜びつつも、心の中にぽっかり穴が空いたような気持ちでした。

そして目の前にはとんかつソースがかかった白米とキャベツだけ。。。
複雑な気持ちでソースのしみた白米を食べてみると。。。

あう!すごい、あうんです!!!
もともとソースが地元の醤油蔵の本醸造醤油を使っているからか、それともさまざまな野菜が溶け込んでいるからなのか、理由ははっきりと分かりませんが、とにかく白米に合うということが驚きで、これなら焼きおにぎりにもあいそうだ!と頭によぎりました。

後日、改めて炊き立てのご飯を用意し、このソースを主役にして焼きおにぎりを作ってみました。フライパンでソースを塗り塗りしながらじっくり待つと、鉄板焼き店のような美味しそうな煙がゆらゆらと立ち上ってきます。 この匂いはなんだか懐かしい記憶が。。。そうです、むかし母がおやつに焼きおにぎりを作ってくれていた思い出がふと甦ってきたのでした。ソースのパッケージのオレンジ&焦茶色の組み合わせというレトロな配色もあいまって、なんだか懐かしい気持ちでいっぱいに。
お腹も心も満たされて、「駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース」で焼きおにぎりはアリ!と確信したのでした。

娘にもおやつにこの焼きおにぎりを出してみると、「この焼きおにぎり、すごくいろんな味がして美味しいね」と大好評!
ソース1本でこの高評価がもらえるなんて、なんと便利で頼りになる調味料でしょう(笑)。生キャラメルに続き、焼きおにぎりも次は娘と一緒に作る約束をしました。

今までは月に1度の“揚げ物day”の日だけ登場していたソースですが、今では焼きおにぎり作りのためにほぼ毎週の搭乗(登場)率に(笑)。娘がこの焼きおにぎりを母の味として長く覚えておいてくれると嬉しいなと思います。

駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース

駒ヶ根ソースかつ丼旨味ソース

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • line

2022年4月号の記事

健康情報を毎月お届け!月刊元気通信のメルマガ登録はこちら