慢性の口臭には主に3つの原因がある

  • facebook
  • twitter
  • line

口臭は症状にあわせた対策を

歯周病などの口腔トラブルや、ニンニクやお酒の飲み過ぎといった一時的なもの以外で、口臭の原因は大きく3つあります。ひとつは口内の乾燥による菌の増加。2つめは、胃腸力の低下。3つめは精神的なものです。原因により対処法は違うため、体に合わせたケアが大切。なお口臭は、糖尿病・肝臓や腎臓の病気・悪性腫瘍のせいで発生している場合も。対策をとっても治まらない場合は、病院で受診しましょう。

口臭の大症状 症状別・原因と対処法

type1 口の中が乾きやすい方へ

こんな症状ありませんか?

  • 口の中がネバネバする
  • 朝、起きたとき臭っている
  • 口やのどが乾きやすい
このタイプの特徴

体の水分代謝が悪くて口の中が乾くと、雑菌が増えやすくなり、口臭が発生します。また口内が乾燥すると、粘膜の抵抗力が弱くなるのでさらに菌が繁殖しやすく、口臭がひどくなります。口内が乾く理由のひとつには、現代の食事はやわらかいものが多く、咀嚼不足で唾液が減っていることがあります。また加齢と共に体の水分量は減っていくので、中高年になると増えてくる傾向も。閉経後の女性にも多いタイプです。

このタイプの対策方法 このタイプの対策方法

体をうるおす食べ物が、口臭の解消に働きます。甘味と酸味がある甘酸っぱい果物が効果的なので、みかん・イチゴ・りんご・パイナップルなどを摂って。特に朝食か午前中に食べると、1日体のうるおいをキープできます。水分の多い野菜、大根・かぶ・きゅうりなどもおすすめです。逆に、唐辛子などの辛味食材は体を乾燥させるので控えて。また唾液を出す「ベロ回しエクサ」で、口内の乾燥を防ぎましょう。口の中で、歯をなでるように舌を回します。食後、時間が経つと唾液が減ってにおいやすくなるので、10時と3時頃に行う習慣をつけて。

詳しくはこちら

type2 口臭が発酵したような臭いの方へ

こんな症状ありませんか?

  • 発酵したような臭いがする
  • ゲップなどをすると自分でも臭う
  • おならが臭い
このタイプの特徴

消化機能の低下が、口臭の原因と考えられます。体力不足で胃腸力が低下すると、消化不良で胃に残留物がたまり、その腐敗臭が上がってきて口臭が発生します。胃腸が弱っているとき、食べ過ぎたり飲み過ぎると、さらに悪化するので要注意です。

このタイプの対策方法 このタイプの対策方法

胃腸力が低下しているので、食事は胃に負担をかけないものに。雑炊など消化の楽なメニューや、消化によい大根を大根おろしや煮物でいただき、胃を整えましょう。ただしこのタイプの人は、咀嚼力を鍛えることも大切です。たとえば薄焼きのせんべいを口の中で粘りが出るくらいまでしっかり噛むと、消化に負担をかけずに、咀嚼により唾液の出がよくなり口臭の改善に。

詳しくはこちら

type3 ストレスがあると気になりやすい方へ

こんな症状ありませんか?

  • 自分の口臭に敏感
  • ストレスが重なると口臭がひどくなる
  • 緊張すると口がカラカラに渇く
このタイプの特徴

精神的に不安定なときは、人が気にかけなくても、自分の臭いが過剰に気になってしまうことがあります。実は口臭がなかったとしても、気にすると自律神経が緊張するため唾液が減り、本当に口がにおってくるように。几帳面な人や神経質な人に多いケースです。

このタイプの対策方法 このタイプの対策方法

気持ちのバランスが崩れているときは、香りのよいお茶でリラックスを。ミント・カモミール・ラベンダーなど、爽快感のあるハーブティが不安定な気持ちを整えてくれます。ティータイムに飲むほか、濃いめに入れてうがいするのも口臭予防に効果的です。また、緊張で口が渇きやすいので「唾液腺マッサージ」を習慣にして。耳たぶの後ろからエラの裏あたりには「唾液腺」があります。ここを3分ほどもみ、そのままフェイスラインの骨に沿って指で刺激を与えましょう。口内のうるおいがよみがえります。

詳しくはこちら

口臭は未病のサイン

口臭は、病気を引き起こす手前の「未病」の状態。未病の段階から症状を改善することで、より健康な状態へと近づくことができます。口臭は、周囲はわかっていても自分では気づきにくい症状。また、気づいても口臭の解消のために病院に行く人は少ないかもしれません。しかし口臭の原因となる口内の乾燥は、免疫力を低下させるためウイルスなどに感染しやすくなり、病気を招くおそれが。また胃腸力が低下して口臭が出ている場合も、体に必要な栄養素が不足してくることで、体力が落ちて病気しやすい体になります。口臭は、未病のサイン。自分の体を見つめ直す機会と考え、まずは生活習慣を見直すことから始めましょう。

詳しくはこちら
未病とは?
詳しくはこちら

「口臭=未病」は
東洋医学でケア

東洋医学では口臭の原因として、体を構成する要素のうち「水」と「気」の乱れがあると考えます。

バランスを整えて健康に導く

まず体の水分である「水」が不足すると、体が乾きます。水は体の半分以上を占める成分ですから、その不足はさまざまな不調につながります。
口臭はその大切な水が足りなくなっているという、重要なサインです。また、体のエネルギーである「気」の不足や停滞も口臭の原因とされます。
エネルギーが足りないと、内臓機能が低下します。この体内の異常が、口臭となって現れることに。また気のめぐりが悪いと気持ちが不安定になったり、体内バランスが乱れて口臭が出やすかったり、気になりやすい状態になります。

東洋医学では、「口臭=未病」のとき、自ら健康になろうとする力「自然治癒力」を高めることを重視しています。東洋医学で用いられる「生薬」は、体を温めたり、体質の不足を補ったりと、それぞれの生薬が多くの薬効成分を含んでいるため、複数組み合わせることで効能の幅が広がります。こうした効果を活用して、複数の生薬の薬効成分をお酒の力で抽出したのが「薬酒」です。胃腸の不調をはじめ、体全体の働きを整えていきます。錠剤やカプセルなどでは味わうことができない快い飲用感があり、食前やおやすみ前など、毎日の生活に取り入れやすいのが特徴です。

未病診断

未病診断

気になるあなたの未病レベルは?

今すぐ診断する
このページのアンケートにご協力ください。
このページをシェアする
  • facebook
  • twitter
  • line
未病診断
今すぐ診断する