薬用養命酒Q&A

薬用養命酒Q&A

飲み方、効果、保存法など皆さまから寄せられる、
薬用養命酒の「?」に答えます。

薬用養命酒の特徴と効果は?

薬用養命酒の組成成分と性状は?

組成60mL中 ブドウ糖:13g、タンパク質:0.07g未満、脂質:0.07g
灰分 ナトリウム(Na)0.7mg、カリウム(K)9.9mg、カルシウム(Ca)0.7mg
鉄(Fe)0.07mg未満、リン(P)1.3mg
アルコール分 14vol%、エキス分:29w/v%、熱量:119kcal
性状 甘味と生薬の香味を持つ赤褐色の清澄液

ほかの薬酒やくしゅとどう違うのですか?

薬用養命酒は「合醸法ごうじょうほう」という薬酒やくしゅ本来の製法で製造されている特徴ある薬酒やくしゅです。
合醸法ごうじょうほう」とは、生薬を所定の方法であらかじめ配合し、これを同時に原酒に浸漬し、熟成させる方法です。なお、この方法で製造する薬酒やくしゅは、味がまろやかで芳醇な上、効果のあらわれ方も特徴があるといわれています。

さらに「薬用養命酒」に関するよくあるお問い合わせを見る

前のページに戻る

ページの先頭へ