薬用養命酒Q&A

薬用養命酒Q&A

飲み方、効果、保存法など皆さまから寄せられる、
薬用養命酒の「?」に答えます。

特徴、味、カロリーは?

第2類医薬品とは?

一般用医薬品は、含有する成分を副作用、相互作用(飲み合わせ)、使用方法の難しさ等の項目で評価し、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品、要指導医薬品の四つに分類されています。
第2類医薬品は副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するものです。
「薬用養命酒」は、配合生薬の一部に、第2類医薬品に該当する成分を含んでいるため、この範疇に分類されています。

「薬用養命酒」の成分は?

項目 60mL中
熱量 119 kcal
タンパク質 0.07 g未満
脂質 0.07 g
炭水化物 17.3 g
食物繊維 0.07 g
アルコール分 14 %
ブドウ糖 13 g
無機質 ナトリウム(Na) 0.7 mg
カリウム(K) 9.9 mg
カルシウム(Ca) 0.7 mg
鉄(Fe) 0.07 mg未満
リン(P) 1.3 mg

「薬用養命酒」は漢方薬なの?

漢方薬は中国から伝わった医学がもとの考え方に基づき、一定の診断のもとに処方される薬です。一方、「薬用養命酒」は漢方の考え方を基本としながら、日本の気候風土や日本人の体質に合わせて独自に処方された薬酒やくしゅです。自然の草根木皮などを原料とする生薬を組み合わせて用いることは同じですが、漢方薬とは少し違います。

健康食品やサプリメントとの違いは?

健康食品やサプリメントは食品であり、効能効果を謳うことはできませんが、「薬用養命酒」は第2類医薬品であり、14種類の生薬を配合した効能・効果のある薬酒やくしゅです。

カロリーはどのくらい?

1回量20mLあたり約40kcalです。カロリー制限されている場合は、40kcalを計算に入れてください。

どんな味(甘み)・香りですか?

やさしい甘みで、シナモン系の香味があります。甘味は「薬用養命酒」に含まれている本みりんとブドウ糖に由来するものです。香りは14種類の生薬由来の香味です。味や香りが気になるようでしたら、液温を低くしますと香味が和らぎますので、冷やしてお飲みになるのも一方法です。

甘味の少ない養命酒はありますか?

現在のところ、薬用養命酒は一種類のみで甘味の少ない製品の製造はしていません。
なお、薬用養命酒の甘味は、本みりんを用いた原酒の糖分と製造段階で用いているブドウ糖に由来するものです。

さらに「薬用養命酒」に関するよくあるお問い合わせを見る

前のページに戻る

ページの先頭へ