効能と効果 薬用養命酒は滋養強壮剤として、下記の症状を改善していきます。

薬用養命酒を飲むことは、ふだんの食生活ではとれない生薬の薬効成分を、体の中にとり入れるということ。
毎日の服用で、さまざまな症状に対して効果が期待できます。

効能と効果:7つのポイント

1肉体疲労に

体がだるい、疲れがとれないといった肉体疲労で
お悩みの方に。滋養強壮剤として体力をつけながら、
疲労を和らげていきます。

2指先や手、足腰が冷える

手足や腰、肩や背中が冷えてつらい方に。
薬用養命酒に含まれる生薬の薬効成分が
血行とともに体内を巡り、
代謝機能を整えて冷えを改善します。

3食後に胃腸の不調が続く

消化器官が弱く、胃腸の調子が悪い方、胃腸が弱り気味という方に。
薬用養命酒を食前に服用していくことで、
弱った胃腸の働きを整え、丈夫にしていきます。

4病中、病後の体力回復に

病中病後で体力をつけたい方、病後の体調の回復が遅い方に。
薬用養命酒の薬効成分は、体の基本となる働きを整えて、本来の健康な状態へと導きます。

5食欲不振に

食欲がない、食べたいのに食べられないという方に。
薬用養命酒を食前に服用していくと、
薬効成分によって胃腸の働きが活発になり、
食欲を正常に戻す力があります。

6疲れやすい、虚弱体質に

体が弱い方、体力不足を感じている方に。
薬用養命酒は穏やかな作用の滋養強壮剤として
体を丈夫にし、肉体疲労を和らげながら徐々に体力をつけていきます。

7いつも顔色が悪い

疲れがたまって、指先が冷えて血色が悪いとお悩みの方に。
薬用養命酒の薬効成分は血行とともに体内を巡り、
新陳代謝を活発にして血色不良を改善していきます。

薬用養命酒の効いていく仕組み

 

薬用養命酒

  • 薬用養命酒トップ
  • 薬用養命酒について
    • 製品情報
    • 効いていく仕組み
    • 正しい飲み方
    • 効能と効果
  • 生薬について
  • 未病とは
  • 薬用養命酒Q&A
  • 薬用養命酒テレビCM

ページの先頭へ