Q&A

「高麗人参酒」に関するよくあるお問い合わせ

成分、カロリーなど「高麗人参酒」に寄せられた質問を集めました。

「高麗人参酒」

Q. 養命酒とは何が違うのですか?
A.
「薬用養命酒」は、漢方の考え方に基づいて生薬を配合した薬用酒で、効能効果が認められた「第2類医薬品」です。
「高麗人参酒」は滋養に優れている3つの人参(乾燥高麗人参、蒸し高麗人参、エゾウコギ(シベリア人参))に霊芝やマカなど12種類のハーブを組み合わせた健康のお酒です。「高麗人参酒」はお酒の分類で「リキュール」となり、医薬品ではありません。
Q. 甘みのもとは?
A.
「高麗人参酒」の甘みのもとは、リンゴ果汁、黒糖蜜、ブドウ糖です。
Q. アレルギー物質は入っていますか?
A.
特定原材料(省令により表示義務のあるアレルギー物質)は使用していませんが、特定原材料に準ずるもの(通知により表示を推奨されているアレルギー物質)としてリンゴ果汁を使用しています。アレルギー症状がある方は飲用をお控えください。
Q. 高麗人参酒は1回分の飲む量は決まっているの?
A.
高麗人参酒は「薬用養命酒」と違い医薬品ではありません。定められた用法・用量はありませんので、適量を楽しみながらお飲みください。
Q. 高麗人参酒は養命酒と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
A.
時間をあけて、別々にお飲みになれば問題ありません。
Q. 栄養成分を教えてください。
A.
項目 100ml中
脂質 0g
たんぱく質 0g
炭水化物 8.7g
ナトリウム 2.0mg
Q. カロリーはどれくらい?
A.
「高麗人参酒」は、100ml当たり120kcalです。
Q. 賞味期限は?
A.
「高麗人参酒」は、特に賞味期限は設けていません。開栓後は、冷暗所に保管の上、お早めにお飲みください。
Q. おすすめの飲み方は?
A.
ストレートはもちろん、お燗やお湯割り、ロック、ソーダ割りなどお好みの飲み方で幅広くお楽しみいただけます。
Q. 料理に使用して良いですか?
A.
特に問題ございません。
Q. どこで買えますか?
A.
全国の酒類販売店、スーパーを中心に販売しています。取り扱いのない店舗もありますので、下記までお問い合わせください。
取り扱い店お問い合わせダイヤル:0120-075-611(9:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

商品別Q&A

  • このウェブサイトについて

    お電話にてお問い合わせください。

    マーケティング部 03-3462-8338

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 養命酒健康の森・工場見学について

    お電話にてお問い合わせください。

    工場見学受付窓口 0265-82-3310

    【受付時間】9:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

  • オンラインショップについて

    商品配送についてはこちらよりお問い合わせください。

    Yomeishuオンラインショップ 0120-130-817

    【受付時間】9:00〜17:00
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

  • 「くらすわ」について

    お電話にてお問い合わせください。

    代表電話 0266-52-9630

    【受付時間】10:00〜17:00(弊社指定休日を除く)

    *休業のお知らせ:
    2018年1月16日(火)〜18日(木)は、休館日とさせていただきます。

  • 株式・IRについて

    お電話にてお問い合わせください。

    経営管理部 03-3462-8138

    【受付時間】月〜金9:00〜17:25
    (土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

商品に関するお問い合わせ 03-3462-8222 【受付時間】月〜金9:00〜17:00(土、日、祝日、弊社指定休日を除く) インターネットからのお問い合わせはこちら

  • お客様相談室TOP
  • Q&A
    • 薬用養命酒
    • ハーブの恵み
    • フルーツとハーブのお酒
    • ハー・ハーブス
    • 食べる前のうるる酢
    • 家醸本みりん
    • 養命水
    • 幸健生彩
    • ハーブプラス
    • 琥珀生姜酒
    • 高麗人参酒
    • はちみつのお酒
    • ビネガーカクテル
    • その他商品
    • 機能性表示食品
  • お客様相談室ポリシー
  • お客様からの声
  • 商品改善について

おすすめコンテンツ

  • 生薬と薬酒のなるほど事典
  • 養命酒
  • 女は7の倍数、男は8の倍数
  • 未病とは
  • 月刊 元気通信

飲酒は20歳になってから。お酒は楽しく適量を。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。