「生薬」と「薬酒」のなるほど事典

「生薬」を酒に浸したものが「薬酒」。健康維持のために、はるか昔から用いられてきた「生薬」は、「薬酒」に溶け込むことよって飲みやすくなり、薬効成分が高まり、そして体内を十分に巡り効果を最大限に発揮します。