「ハーブの恵み」に関するよくあるお問い合わせ

飲み方、成分、保存方法など「ハーブの恵み」に寄せられた質問を集めました。

「ハーブの恵み」

養命酒と何が違うのですか?

「薬用養命酒」は、漢方の考え方に基づいて生薬を配合した薬用酒で、効能効果が認められた「第2類医薬品」です。
「ハーブの恵み」は、13種類の東洋ハーブを配合してつくった健康のお酒です。
お酒の分類は「リキュール」となっています。
おいしさや香りにこだわってハーブを配合しており、食前酒やナイトキャップとしてなど、リラックしたいときにおすすめです。

ハーブとは何ですか?

ハーブとは、食品に風味付けの目的で薬味として使用される植物の葉、茎、根および花などで、香辛料のひとつに分類されます。

原料ハーブは安全ですか?

当社独自の厳しい品質検査を合格したハーブのみを使用しています。

原材料のハーブはどのように品質管理しているの?

残留農薬や重金属、菌数検査など、当社独自の厳しい品質検査を行っています。

甘味のもとは何ですか?

「ハーブの恵み」の甘味のもとは、ショ糖(白糖)とオリゴ糖です。

アレルギー物質は入っていますか?

特定原材料(省令により表示義務のあるアレルギー物質)および特定原材料に準ずるもの(通知により表示を推奨されているアレルギー物質)のいずれも使用していません。

添加物、保存料は使用していますか?

「ハーブの恵み」は酸味料として、「クエン酸」「リンゴ酸」を使用しています。
「ハーブの恵み」シリーズのお酒はどれも香料、着色料、保存料は使用していません。

温めても成分の変化はありませんか?

精油成分など揮発性の成分がありますので、そういった成分が少なくなることがあります。

カロリーはどれくらい?

「ハーブの恵み」は、100ml当たり165kcalです。

保存方法を教えて?

直射日光を避け涼しい所で保管してください。

賞味期限はどれくらい?

「ハーブの恵み」は、特に賞味期限は設けていません。開栓後は、冷暗所に保管の上、お早めにお飲みください。

「ハーブの恵み」は1回分の飲む量は決まっているの?

「ハーブの恵み」シリーズのお酒は「薬用養命酒」と違い医薬品ではありません。定められた用法・用量はありませんので、楽しみながら適量をお飲みください。

加療中だが飲んでも大丈夫?

主治医から特にアルコールの飲用を止められていなければ、差し支えありません。
厳密な食事療法(カロリー計算)をされている場合は、「ハーブの恵み」100mlで165kcalをご考慮ください。

他の酒や飲料と混合してよいか。

「ハーブの恵み」シリーズのお酒はどれも、13種類のハーブを配合したリキュールです。
特に飲み合わせて悪い飲料はありません。

「ハーブの恵み」のおすすめの飲み方を教えてください。

ストレート、ロック、お湯割り、ソーダ割りなど幅広くお楽しみいただけます。夏場は、氷をいれたグラスに注ぎ、ソーダ水や柑橘系のジュースで割っていただくと、爽やかな味をお楽しみいただけます。冬場は、熱い紅茶に加えたり、生姜のはちみつ漬けを合わせるなどの飲み方もおすすめです。

色が濃くなってしまいましたが(濁りがありますが)、飲めませんか?

「ハーブの恵み」は沈殿物や浮遊物が付着したり、全体が濁ることがあります。これは原料ハーブ由来の天然成分の一部が出てきたもので、主にポリフェノールやタンニンと呼ばれる成分ですので、品質には問題ありません。

どこで買えますか?

全国の酒類販売店、スーパーを中心に販売しています。取り扱いのない店舗もありますので、下記までお問い合わせください。
取り扱い店お問い合わせダイヤル:0120-075-611(9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

商品別Q&A

その他お問い合わせ