HOME > 健康レシピ > 【2013年8月号】 ゴーヤの梅ツナ和え

ゴーヤの梅ツナ和え


暑気あたりを解消! 夏バテ解消おつまみ


暑さ続きでぐったり夏バテぎみのときは、ついイライラしがちですよね。ゴーヤの苦味には解毒作用があり、夏の間に身体にこもった余分な熱を取り去り、暑さからくるイライラを解消するのに役立つといわれています。「ゴーヤの苦味はちょっと苦手…」という方のために、旨みのあるツナと和えることで、誰でも食べやすい夏のおつまみになります。さらに梅干しを加えることで、夏疲れの回復や、胃腸の働きの強化も期待できます。




 
材料(2人分)
ゴーヤ 1/2本
みょうが 1個
梅干し 1個
ツナ缶詰め(オイル漬け) 1缶
ポン酢しょうゆ 小さじ2
白ごま 少々

作り方


1.ゴーヤは縦半分に切り、スプーンで種とワタを取り除く。 step01
2.(1)を2ミリの厚さに切り、熱湯で1分ゆがいたら、サッと水にさらし、水気を切る。 step02
3.みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにしたものを、水にさらしてアクを抜き、ザルに上げる。 step03
4.梅干しは種を取り、包丁でたたいておく。 step04
5.ボールに(2)(3)(4)と、ツナ(オイルごと)、ポン酢しょうゆを加え、よく和える。 step05
6.(5)を器に盛り、白ごまをふりかければ完成。




レシピ:鳥海明子
国際薬膳師・調理師。日々の暮らしのなかで実践できる養生の場として「鳥の巣」を主宰。身近な食材を使ったカジュアルな薬膳を雑誌やウェブなどで提案している。著書『ひとりごはんの薬膳レシピ』(誠文堂新光社)に続き、2013年3月末にマイナビより『心とからだを元気にする養生の知恵 女性力を高める薬膳ごはん』鳥海明子著・邱紅梅(中医学監修)を上梓。
http://torino-su.com/