トップメッセージ

人々の「健やかに、美しく、歳を重ねる」という願いを叶える企業であり続けます。

「養命酒」は創始者塩澤宗閑翁の「世の人々の健康長寿に尽くしたい」という願いから誕生いたしました。人々の健康生活に貢献したいという想いは、「生活者の信頼に応え、豊かな健康生活に貢献する」という当社の経営理念に今も途切れることなく受け継がれ、事業活動の礎となっております。

「いつまでも健康でいたい」というのは人々の共通の願いです。健康への関心は治療から予防へ、また食については安全・安心はもちろんのこと、環境に配慮した自然志向を求める傾向が年々高まっております。このような状況の中で、創業以来変わらない価値と品質を守りながら、変化する社会環境やお客様の新たなニーズに応えるために、「ポジティブエイジングケアカンパニーとして、健やかに、美しく、歳を重ねることに貢献する」という事業ビジョンを掲げ、お客様視点に立った新規事業の確立やCSR経営に取り組んでおります。

経営理念で謳っている「豊かな健康生活に貢献」とは、すなわち「ポジティブエイジングケア」の実現にほかなりません。健康への貢献にはさまざまなアプローチがありますが、当社は「未病」の段階で病気になることを予防することを基本的な理念としています。そして近年は、未病状態になる前から生活者の皆様の健康生活に貢献するために、新規事業として医薬品以外の分野でも展開を始めています。そこから生まれたのが「抗糖化」というテーマで、商品開発センターでは、産学連携で研究・開発を進めています。その他にも、健康を保つための「未病の予防」、「健康の支援」といった啓発活動にも力を入れております。こういった取り組みによって、個人の生活の質を高めるだけではなく、健康寿命の延伸、社会保障費の軽減といった社会全体の課題解決にも貢献できると考えております。

また私自身、お客様である生活者の皆様と当社との距離を近づけることを第一に、お客様へのおもてなしの気持ちを大切にしてきました。当社は、薬用養命酒にお問い合わせ専用ハガキを同梱し、お客様の声にきちんと耳を傾け、ご意見に対してお返事を差し上げるという活動を1952年より行ってまいりました。この想いは商業施設「くらすわ」や駒ヶ根工場内の「養命酒健康の森」にも反映しています。森に囲まれた併設のカフェで水と緑を感じながら健康を意識したメニューをお召し上がりいただければ、身もこころもリフレッシュし、「浩然の気を養う」という言葉そのものの体験をしていただけるでしょう。こうしたおもてなしのこころが通じ合う社会づくりや絆づくりも健康生活に欠かせないと考えております。

世界共通の課題である環境保全に関しては、循環型社会の形成に貢献すべく原料残渣のリサイクルを進めています。原料残渣を堆肥化し、再び薬用養命酒の原料となる生薬を自前で造る循環を構築するため、継続的に試験を行っているところです。また、原料の安定的確保や生物多様性保全の考えから、生薬の国内栽培化にも取り組んでいます。

今後も、本報告書でご紹介しているCSR活動を含め、さまざまな形で私たちの想いを生活者の皆様にお届けし、皆様の健やかな毎日にもっとも寄り添う企業を目指して取り組んでまいります。

経営理念とあるべき姿

経営理念

生活者の信頼に応え、豊かな健康生活に貢献する

企業ビジョン

健全で、強い、良い会社

事業ビジョン

ポジティブエイジングケアカンパニーとして、健やかに、
美しく、歳を重ねることに貢献する

行動規範

私たちは、社会から信頼され、社会の一員として存続し、成長し、発展していくことを目指し、以下の行動規範を基本として、企業の社会的責任(CSR)を果たします。

  1. お客様の満足
  2. 透明性のある情報
  3. 社員に対する責任
  4. 公正で適正な取引
  5. 情報の管理と保護
  6. 反社会的勢力の拒絶
  7. 良き隣人として
  8. 地球環境の保全

経営理念のもと、ステークホルダーの皆様と
より強く、深く

社会に必要とされる企業として、環境・自然・循環型社会への貢献、生活者視点に立った品質と安全・安心の保証、健やかな暮らしの実現に向けた情報発信と啓発、働きがいのある積極的な企業風土の醸成、コーポレートガバナンスの強化などを意識し、ステークホルダーの皆様との絆を深め、理解促進に取り組んでまいります。

ステークホルダーの皆様とのつながり