なぜ、7と8の倍数なの?

東洋医学から読み解く、 私たちの体の変化

『黄帝内経』長野電波技術研究所 所蔵

東洋医学の教科書ともいえる文献『黄帝内経(こうていだいけい)』には、「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れるという記述があります。これに基づくと、人の一生のライフサイクルを下のような表で表すことができます。「節目年齢」で、自分の体の変化が早まっていたりしないか、確認してみましょう。

7の倍数、8の倍数で体は変化する

女性の節目年齢は7年周期7歳 永久歯に生えかわる14歳 初潮を迎える21歳 女性の体ができ上がる28歳 女性として体が最も充実する35歳 用紙の衰えが見え始める☆顔がやつれ始め、髪も抜けやすくなる。肌のケア、髪のケアも入念に。婦人科系トラブルにも注意しましょう。42歳 白髪が目立ち始める ☆顔にシワが目立つ。心身の不調が起こりやすくなる。血行をよくする、体を冷やさない対策をとりましょう。49歳 閉経。子を授かることが難しくなる。50代 肝気が衰え始める60代 心気が衰え始める 70代 脾気が虚弱になる80代 肺気が虚弱になる90代 腎気が減少する
男性の節目年齢は8年周期8歳 永久歯に生えかわる16歳 精通を迎える24歳 男性の体ができ上がる32歳 男性として体が最も充実する40歳 衰えが見え始める48歳 白髪が目立つ 50代 肝気が衰え始める60代 心気が衰え始める70代 脾気が虚弱になる80代 肺気が虚弱になる90代 腎気が減少する

この表は、『黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)』の上古天真論(じょうこてんしんろん)と、『黄帝 内経霊枢(こうていだいけいれいすう)』天年(てんねん)篇を資料とし、作成したものです。
「肝(かん)」「心(しん)」「脾(ひ)」「肺(はい)」「腎(じん)」について 詳しくはこちら>>
節目年齢には個人差がありますので、表示の年齢はあくまでも目安です。

二千年の時を経た 東洋医学の教え

『黄帝内経(こうていだいけい)』は今から二千年前に書かれた書物です。伝説上の帝王である黄帝(こうてい)が問い、医学の師である岐伯(きはく)がそれに答える形式で、東洋医学の思想や養生(ようじょう)=生活の仕方が説かれていきます。

そこには「腎気※(じんき)」から見た体の年齢変化として、女性は7歳から49歳までを7年周期で、男性は8歳から64歳までを8年周期で表したライフサイクルが記されています。

 

※【腎気】=東洋医学において成長、発育、生殖にかかわるエネルギー 。詳しくはこちら>>

7歳 歯が生えかわり、髪が長くなる 14歳 月経がはじまって、子をうめるようになる 21歳 体が成熟し、背丈も伸びきる 28歳 筋骨がしっかりし、髪の長さが極まり、身体が盛んになる 35歳 顔の色艶にかげりが出て、髪や頬のハリに衰えが現れる 42歳 顔がやつれ、髪に白いものが混じり始める 49歳肉体が衰え始め、閉経を迎える8歳 髪が長くなり、歯が永久歯に生えかわる 16歳 精通を迎え、子をつくることができるようになる 24歳 筋骨がしっかりし、背丈も伸びて盛んになる 32歳 筋骨が強壮となり、肌肉が豊かでたくましくなる 40歳 体力や毛髪の成長にかげりが見え始める 48歳 肉体的に衰えが始まる。しわや白髪が目立ち始める 56歳 生殖能力が弱まり、全体の老化が見え始める 64歳 五臓六腑を始め身体的に衰え、歯や髪が抜ける

ページの先頭へ

現代にも通じる7と8の節目年齢

黄帝内経による人の体の変化では、女性は49歳で閉経を迎えるとあります。現代の女性の一般的な閉経年齢も50歳前後でほとんど変わりません。女性の体が28歳、男性が32歳でピークを迎えるという点においても、現代の医学的な認識とほぼ同じで、医学が日進月歩している現代においても、二千年前の体の変化が当てはまることが分かります。

年齢カーブは養生次第で変えられる

黄帝内経による人の体の変化は、のような年齢カーブになりますが、このカーブは養生次第で、下がり幅の少ない緩やかなカーブに変えることができます。一方で不摂生をしている人の年齢カーブはぐんぐん下降し、老化を加速させます(右上参照)。中高年以降に目指すべきは緩やかな年齢カーブ。現状維持できれば大きなプラスです。
東洋医学にみる「老化」とは?>> 

ページの先頭へ

今の自分の体と向き合おう

自分の体は自分が一番よく知っているはずなのですが、若くて最も元気だった頃のイメージが強く残っていると、自分の体への過信から無理をしてしまい、体調を崩してしまうことがあります。まずは今の自分の状態を正確に知ることが大切です。

自分のものさしがないと、人と比較したり、人のことをうらやましく思ってしまいがち。
心身の変調チェック

加齢に伴う心身の変調をチェックしてみましょう。 次の項目で当てはまるものにチェックを入れてください。

元気や気力がなくなってきた・大声でないときこえづらい・疲れやすくなった・めまい感や耳鳴りがしやすい・いつも眠い・歩く速さが遅くなって、良く人に抜かれる・全身に冷えを感じることが多くなった・膝痛や腰痛など足腰のトラブルが多い・根を詰めると腰が重く、だるく感じる、性欲をほとんど感じない・皮膚にツヤや潤いが無くなってきた・トイレを我慢しにくく、尿漏れしやすい・白髪が増えてきた・夜間、トイレに2回以上幾・髪が細くなり、ボリュームが無くなった・下半身太りしやすくなったチェックが16個中8個以上の人は…

生命エネルギー、成長、老化にかかわる「腎」の働きが弱くなっているようです。このまま放っておくと心身の老化が進んでしまいます。 食べ物や生活習慣などを見直しましょう。

“ものさし”を持つことが大切

節目年齢は自分の体をチェックするための目安になります。もう一方で大切なのは、自分自身の基準を持つことです。体調や体質が千差万別なら、健康の保ち方や加齢への対処法も人それぞれあって当然。そこで必要なのが、自分を客観的に見るための、自分の“ものさし”なのです。自分のものさしを持つと、昨日と今日の自分の体調や気分の変化に敏感になります。変調に早く対応することもできるでしょう。