養命酒ライフスタイルマガジン

健康レシピ

カレイのたっぷり野菜甘酢あんかけ

旬の野菜たっぷり、風邪予防におすすめ!

胃腸にやさしいといわれるカレイをカラッと揚げ、旬の野菜の甘酢あんをたっぷりかけた一品です。腸を潤すといわれる白菜は、胃腸の調子を整えるのに役立ちます。また、血(ケツ)を補うといわれるにんじんは体力不足の方に、血液の巡りをよくして体を温めるといわれる白ネギは冷え症の方におすすめです。栄養豊富な野菜をたくさんとれて、風邪予防にも役立つ冬のおすすめメニューです。

材料 (2人分)

カレイ(頭を落とし内臓を取ったもの) 2切れ
白菜 150g
にんじん 1/2本
白ネギ 15cm
しめじ 1/4パック
にんにく 1片
カイワレ菜 適宜
甘酢あん)
鶏ガラスープの素 小さじ1
お湯 150cc
米酢 大さじ3
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
片栗粉 大さじ1
サラダ油 小さじ1
少々
粗びき黒こしょう 少々
揚げ油 適量

作り方

. 白菜の葉はざく切りにし、芯は短冊切りにする。にんじんは千切り、白ネギは斜め切り。しめじの石づきを落として手でほぐし、ニンニクはスライスする。

. カレイはウロコを取り、皮に切れ目を入れる。

. 2.に塩(分量外)をふってしばらく置き、キッチンペーパーで余分な水気を拭き取ったら片栗粉大さじ3杯ほど(分量外)を両面にまぶす。

. フライパンに1cmくらいの深さで揚げ油を加え熱し、3.を両面こんがり焼き目がつくまで揚げ焼きにする。

. カレイの油を切り、揚げ油を取り出したら、キッチンペーパーでフライパンの汚れを拭き取る。サラダ油と1.を加え、野菜が全体にしんなりするまで炒める。

. 鶏ガラスープの素をお湯でとき、そのほかの甘酢あんの材料も入れてよく混ぜたら、5.に加えて軽く煮立たせる。

. 器にカレイをのせて6.をかけ、カイワレ菜を飾り、粗びき黒こしょう(分量外)をふる。

料理家 明子〈akiko〉

2009年より鳥海明子の名で東京を中心に料理教室や雑誌や書籍、WEBなどでのレシピ製作を開始。2015年から生まれ育った鳥取に帰り山根酒造場の「食と酒の実験室」室長兼賄い婦として活動。2018年冬からは「たべごと屋 日と月と」(http://hito-tsukito.com)の屋号で料理家・明子〈akiko〉としての個人活動も本格的に再開。現在の主な関心ごとは、土地に根ざした食や人の魅力を掘り起こすこと。食 × 酒、酒粕などの発酵食 × エネルギーのある野菜の持つ可能性を探ること。鳥海明子名義の著書に、『ひとりごはんの薬膳レシピ』(誠文堂新光社)、『心とからだを元気にする養生の知恵、女性力を高める薬膳ごはん』鳥海明子著・邱紅梅(中医学監修)(マイナビ)、『ほろよい薬膳 体をほぐして温めるおつまみレシピ』(誠文堂新光社)など。
http://hito-tsukito.com/