効いていく仕組み

効いていく仕組み

薬用養命酒には効いていく仕組みがあります。

効いていく仕組み:3つのポイント

効いていく仕組み

すみずみまで血行改善

生薬の薬効成分が血流に導かれ、
速やかに効率的に全身を巡ります。

体を内から温める

体内に吸収された生薬の薬効成分が
新陳代謝を活発にし、体を温めます。

体調を正常に整える

体のバランス(恒常性)を整え、
健康の基本となる治癒力を高めます。

※イメージ図 ※1日3回20mLずつ

体の機能を基礎から整えていくことによって、これらの不調が原因で起こる
冷え症、肉体疲労、血色不良、胃腸虚弱、食欲不振、虚弱体質、病中病後といった
症状や状態を改善していきます。

前のページに戻る

ページの先頭へ