全国の20歳~59歳の女性1,000に大調査!冬の不調の原因は〇〇だった?! 全国の20歳~59歳の女性1,000に大調査!冬の不調の原因は〇〇だった?!

養命酒製造株式会社では、女性の「冷えと不調の関係」について調査。その結果、冷えを我慢すると、実は万病の元であることが明らかになりました。

女性の約7割が悩む、解消できない「冷え」事情

Q1

自分は冷え症だと
感じる

自分は冷え症だと感じる

自分は冷え症だと感じるに「あてはまる」は 69.2%となり、女性の 7 割は冷え症の自覚があり、年代別にみると「あてはまる」の割合は20・30代が7割を超えており、若年層が冷え症に悩む実態が明らかに

冷えに悩む人の6割以上が「疲れやすい」と悩む

Q3

日頃感じる
悩み・不調は?【複数回答・上位5位まで抜粋】

日頃感じる悩み・不調は?

日頃感じている悩み・不調については「疲れやすい」が最も高い結果に。冷え症の自覚別にみると、「疲れやすい」や「だるさを感じる」においては、冷え症の自覚がある人のほうが約20ポイント高く、からだが冷えることでより疲れやだるさを感じやすいようです。

冷えに悩むあなたに

冷え改善の近道は「血行」にあり!

冷え症とは、血液の流れが滞ることで、毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮してしまうため、手足や内臓などが冷えてしまう状態のことです。また、からだが冷えてしまうと、疲れやすい、眠れないといった不調を招く可能性もあると言われています。

血行改善

特に気温が下がる冬は、冷えからくる不調に悩まされる方も多くなります。そのため、冷えを根本から解決するためには、血液の流れをスムーズにする「血行促進」が効果的。血行が促進されることで、からだのすみずみまで熱や栄養素が行き渡り、内側から温まります。

血行を改善して冷えや疲れに効く薬用養命酒

血行を促す生薬の薬効成分により、体の一部に滞った血液の巡りを促し、生薬の薬効成分や栄養が体のすみずみまで行き渡ります。服用を続けることで、体の機能を高めて、冷え症を改善しながらつらい疲れをやわらげてくれます。

薬用養命酒

第2類医薬品

【効能】次の場合の滋養強壮 冷え症・肉体疲労・食欲不振・血色不良・胃腸虚弱・虚弱体質・病中病後 【用法・用量】成人:1回20mL 1日3回 食前又は就寝前に服用してください。

お買い求めはこちら
このページのアンケートにご協力ください。
このページをシェアする
  • facebook
  • twitter
  • line