胃腸の不調ケア

季節の“変わり目”にご用心

生活環境の変化に胃腸は敏感です。
特に季節やライフステージの変わり目などは、
胃腸が不調になりやすい時期。
胃腸は“変化”に対して敏感な臓器なのです。

こんな症状ありませんか?

胃が痛い
胸焼け
食欲不振
消化不良
お腹が
ゴロゴロする
お腹が張る
胃もたれ
下痢
便秘疲れやすい
冷え、むくみ
肩こり、頭痛
肌荒れ、にきび
眠い
体がだるい
食べるとお腹が張る
かぜをひきやすい

胃腸はストレスの影響を受けやすい

 疲労・寝不足、寒さ・暑さ、不安・悩みなどで食欲がない、お腹をこわしやすいといったように、胃腸はストレスに大きく影響を受けてしまいます。なぜなら、胃腸の様々な働きには、自律神経が大きく関係しているから。食べ物の消化に欠かせない胃液の分泌や栄養の吸収、老廃物の排泄など、あらゆる働きに自律神経がかかわっています。

  • 季節や気温の変化は、知らず知らず心身に負担をかけている。
  • 新しい環境に適応しようとするのもストレスに。
コラム

最近「別腹」、増えていませんか?

 お腹いっぱい食べたはずなのに、食後や間食に「別腹」といって、甘い物に手が伸びていませんか?この「別腹」、実は胃腸が弱っていることを示すSOS信号なのです。カロリーをしっかり摂っていても、胃腸の機能が低下すると自分自身の体でエネルギーをつくり出すことができなくなり、その結果、簡単にエネルギーになる甘い物に頼りがちになるのです。

ページの先頭へ

養命酒って実は…そんなお話たち。「養命集」
くわしくはこちら