健康知識・情報胃腸虚弱

主な症状

  • ・疲れが胃腸にでる
  • ・便秘がち
  • ・お腹がゆるい
  • ・腹痛が起こり、よく下痢をする
  • ・お腹をこわしやすい など

主な原因

胃腸虚弱は、体質的なものやストレスなどにより、胃腸の動きが弱くなっている状態です。
胃腸は、食物から必要な栄養を体内にとりこんだり、食物に含まれる病原菌を殺菌したりする大切な役割を持っています。これらの消化器官はとても敏感で、特に胃は、疲労やイライラなど、肉体的・精神的な影響を受けやすく、すぐに変調をきたしてしまいやすいのです。胃腸虚弱の人は、特に影響を受けやすく、一般に、胃腸の弱い人は、几帳面で神経質な人に多いといわれています。

予防とケア

胃腸が弱った状態が続くと、消化吸収が衰え、そのほかのさまざまな症状や病気の誘因となりかねません。日頃から食べすぎや飲みすぎ、夜ふかしなどは避け、1日3食をきちんと守るようにします。食事はくつろいだ雰囲気の中でゆっくりと。胃に負担をかけないよう、よくかみ、腹八分を守って食べすぎないよう気をつけましょう。
さらに、過労や激しい運動などは避け、ストレスをためこまないように努めるなど、日常生活を見直しましょう。

脂っぽい物、甘い物、生もの、冷たい物、辛い物は胃腸に負担がかかる食べ物。摂り過ぎに注意し、腹八分目を心がけましょう。食事を楽しむことも大切です。

ひと口健康メモ

養命酒の薬効成分は、胃腸が弱っていても効率よく吸収され、胃腸の機能を回復するとともに体調を整えていきます。

胃腸の不調かかえていませんか?

おすすめコンテンツ