健康知識・情報下痢

主な症状

  • ・水分を多く含んだ便が出る
  • ・排便の回数が増える など
    (※腹痛や発熱、吐き気、嘔吐などを伴ったり、便の中に粘膜や血液が混じる場合もあります)

主な原因

下痢には慢性のものと急性のものがあります。
慢性の下痢は、消化吸収が不良であったり、体質的に牛乳を飲むと下痢をしやすいとか、特定の食品へのアレルギー反応によるもの、腸の慢性的な炎症などによっておこります。
急性の下痢は、暴飲暴食や、冷たい飲み物や消化しにくい食べ物などのとりすぎ、ストレス、寝冷えなどのほか、ウイルスの感染によっておこる場合もあります。

予防とケア

下痢をしたら、おなかを温かくしてゆっくり休むことです。脱水状態がおこりやすいので、ぬるめのお湯や砂糖水などをとりましょう。落ち着いたら消化のよい軽い食事から始めます。薬はそれぞれの原因をはっきりさせた上で服用することが大切です。
なお、便の中に血液や粘膜が混じっていたり、腹痛や嘔吐、発熱を伴うような場合は腸の病気が疑われます。なるべく早く専門医の診察を受けることが必要です。

ひと口健康メモ

養命酒には、体を温め、弱った胃腸の働きをよくする効果があります。胃腸が弱い方の体質の改善に好適です。

胃腸の不調かかえていませんか?

おすすめコンテンツ