健康知識・情報しもやけ・あかぎれ

主な症状

  • <しもやけ>
  • ・手足や耳たぶなどが赤〜薄紫色に腫れ上がり、強いかゆみがある
  • ・温めると、さらにかゆみが増す
  • <あかぎれ>
  • ・手足の皮膚が乾燥して、亀裂ができる
  • ・ひどくなると、出血を伴う

主な原因

冬の寒さや冷たい風、冷水などの刺激により、血流が悪くなるためにおこります。体質や年齢、環境、職業、栄養状態なども発症の要因として考えられます。注意したいのは、季節の変わりめ。気温が4〜5℃、1日の温度差が10℃内外の晩秋から初冬と春先におこりやすいといわれています。

予防とケア

できるだけ寒さを避けて保温に努め、手足や耳たぶなどを外気に長時間さらさないようにします。血行をよくするため毎日入浴し、手足の先をマッサージするとよいでしょう。ただし、しもやけの場合、温めることでかゆみが増しますが、悪化するのでポリポリかかないようご注意を。
また、水仕事の多い人は、ゴム手袋を使用し、水を扱った後は乾いたタオルで水気をしっかりとふきとり、皮膚の脂分が不足しないよう油性クリームを塗って保湿するとよいでしょう。

ひと口健康メモ

養命酒は少量ずつ飲んでいくことにより、新陳代謝を促していくので、末端の冷えにも効果的です。

女は7の倍数、男は8の倍数。

女は7の倍数、男は8の倍数の年齢は、健康に大切なキーワードなのです。

おすすめコンテンツ