HOME > 特集記事 > 【2013年2月号】 良薬は口に美味し?恋にも健康にも効くチョコレートの驚異!

良薬は口に美味し?恋にも健康にも効くチョコレートの驚異!

バレンタインデイ到来!1年で1番チョコが消費されるといわれる季節ですね。でも…チョコを食べるとメタボになる?虫歯になる?ニキビができる?
――そんな間違いだらけのチョコレート悪玉説を、チョコレート効果研究の第一人者である医学博士が、最新医学の知見からばっさり!また、国立科学博物館(東京都)で開催中の「チョコレート展」レポートや、バレンタインデイにおすすめのヘルシーなチョコアイテムもご紹介します。
4000年前から“神の食べもの”と崇められ、不老長寿の薬として珍重されてきた チョコレートの驚異の健康効果に迫ります!




冷え性や便秘、感染症にも効果あり?!最新医学がひも解くチョコレートパワー

普段何気なく食べているチョコレートですが、実は、ただ美味しいだけじゃないんです。心臓病、感染症、冷え性、便秘、ストレス障害……実はこれ全部、チョコレートに含まれる成分によって改善されるのだとか!チョコレートの健康効果を解明した先駆である板倉弘重医学博士に、最先端の研究に基づいたチョコレートの驚くべき効能について伺いました。


お話を伺った先生 医学博士 板倉 弘重
1961年、東京大学医学部卒。茨城キリスト教大学名誉教授。エミリオ森口クリニック院長。主な研究分野は脂質代謝、動脈硬化。特に赤ワイン、チョコレートなど抗酸化作用の研究で知られる。『頭の老化に効く食品 体の老化を止める食品 先端遺伝子学・長寿医学が導いた!』(青春出版社刊)、『チョコレートの凄い効能 最新の医学が解き明かす がん・動脈硬化を予防する!免疫力を高める!ストレスに勝つ!』(かんき出版刊)など著書多数。


カカオ豆には活性酸素を抑えるポリフェノールがたっぷり!

私がチョコレートの栄養効果について本格的に研究し始めたのは、大先輩である国立国際医療センターの総長の小山善之先生に、「ココアやチョコレートの主原料であるカカオ豆に、健康によい成分が含まれていないか研究してみませんか」といわれたのがきっかけでした。小山先生は、知人である大東カカオの会長さんが100歳近いのに大変健康でおられるのは、ご職業柄ココアを40年以上愛飲されていることと何か関係があると思われたようです。

私自身もチョコレートが大好きで、多忙なときにはチョコレートを食べると頭がすっきりしたり疲れが回復したりするのを常々実感していました。実際に調べてみると、チョコレートやココアの原料であるカカオ豆にはさまざまな病気の元凶である活性酸素を抑える抗酸化物質のカカオ・ポリフェノールが豊富に含まれていることが分かってきたのです。

1日約20gのチョコレートで動脈硬化による心臓病リスクを回避!


日常的に板チョコ約20gを摂ることで心臓病リスクが減る
チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールにはさまざまな効能がありますが、代表的なのがLDLコレステロールが活性酸素によって悪玉化して動脈硬化を引き起こすのを防ぐ力です。また、血管を拡げる作用もあるので、高血圧や冷え性、血栓の予防にもなります。

北欧諸国で10年間にわたる追跡調査をしたところ、チョコレートやココアの摂取量の多い人ほど心臓病が少ないという医学研究結果が2012年に発表されました。
摂取量としては、日常的にチョコレートを20gほどで摂るだけで効果が違ってくるようです。つまり薄い板チョコなら1列ほど食べれば心臓病リスクが減るというわけです。かのナポレオンはアルプス越えの際にチョコレートを活用するなど、チョコレートは軍隊の携帯食にも利用されており、保存食としても有用です。もし冬山で遭難しても、チョコレートがあれば生き延びる確率が高いといえます。

チョコレート消費量の多い国はノーベル賞の受賞者数も多い?!

チョコレートを食べたり香りをかぐと、集中力や記憶力が高まるということも、人の脳波や学習実験から実証されています。体育大学のアスリート40人を対象にした実験では、チョコレートを食べたほうが、短距離競走のスタートダッシュが速くなったという結果が出ています。

2012年秋、臨床医学の権威である『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』という雑誌に、チョコレートの一人当たりの年間消費量がトップクラスのスイス、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、イギリス、ノルウェー、イタリアなどはノーベル賞受賞者も多いという調査結果が発表され、話題になりました。研究したアメリカの医学者によると、チョコレートは集中力や記憶力、認知機能を高めることから、消費量が多い国は優れた学者も育ちやすいと考えたようです。ノーベル賞主催国のスウェーデンの受賞者数が多いのはさておいても、なかなか興味深い研究データといえます。

チョコレートは肥満、虫歯、ニキビの敵ではない!

「チョコレートは肥満の大敵では?」と心配される方がよくいますが、カカオ豆に含まれるカカオバターの脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりくいことが実証されています。しかもチョコレートは少量でも高い満足感が得られるため、脂肪分の多いケーキなどを食べるより、むしろ肥満の抑制になるといえるでしょう。必要以上に食べるのでない限り、チョコレートに含まれている抗酸化物質を摂るほうが身体の老化防止によいという説もあります。

また、カカオにはリグニンという食物繊維が多量に含まれるため、肥満や大腸がんの原因になる便秘予防にも効果があります。感染症で消化管の機能が低下した患者さんの消化官にチョコレートを直接入れると便通がよくなり、病気の回復力も高まったという学会発表もあります。さらに、カカオ成分には抗菌作用もあるため、ピロリ菌や大腸菌の抑制効果も認められています。
菌の抑制効果という点では、カカオ成分には虫歯の原因菌となるソブリナス菌を抑える働きがあることも歯科医師の研究で分かりました。チョコレートは虫歯になるどころか、むしろ抑える効果もあったのです。

「チョコレートを食べると、ニキビができる」と敬遠する女性もいますが、ペンシルバニア大学医学部の研究では、チョコレートとニキビに科学的な因果関係は認められないことが判明しています。また、カカオ・ポリフェノールにはアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の炎症を抑える作用があることも分っています。

カカオに含まれる「テオブロミン」でリラックス効果

「チョコレートを食べると眠れない」という俗説もあります。確かにチョコレートにはカフェインが含まれていますが、コーヒー一杯に100〜150mgのカフェインが含まれているのに比べて、ミルクチョコレートを100g食べてもカフェインは約20 mg、ココア一杯でも13mg程度と少量です。それどころか、カカオに含まれるカフェインの一種テオブロミンには、むしろ神経を鎮静する効果や精神をリラックスさせ、ストレスを軽減する効果があることが分かっています。
チョコレートやココアは単なる菓子類や加工食品のような印象を持たれがちですが、ポリフェノールや食物繊維にカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの必須ミネラル類も豊富に含む、栄養バランスのとれた天然成分に近い食品です。ぜひチョコレートやココアを日常的に楽しみながら食べる習慣をつけてはいかがでしょう。






〜世界を魅了する甘くほろ苦い秘密に迫る!〜 国立科学博物館で開催中の『チョコレート展』に潜入!

東京・上野 国立科学博物館で2月24日(日)まで開催している話題の『チョコレート展』。カカオの不思議なパワーや、世界を股にかけたチョコレートをめぐる歴史、チョコレート工場の疑似体験まで、甘美で濃密なチョコレートの世界をご案内します。
チョコレート展 公式サイト
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2012/choco/info.html




エントランスに板チョコ製の国立科学博物館が!

会場の入口には板チョコでつくられた国立科学博物館がお目見え。屋外に展示されている名物の蒸気機関車やシロナガスクジラをテーマにしたモニュメントもチョコレートで制作されています。一歩中に入るとチョコレートの甘〜い香りが濃厚に漂ってきてわくわく!

貴重な本物のカカオの木が会場に!

会場に入るとまず目に飛び込んでくるのが、日本ではなかなかお目にかかれない貴重なカカオの木。中米やアフリカで栽培されてきたカカオはアオイ科の植物で、意外にもハイビスカスやオクラの親戚に当たるそう。カカオの学名「テオブロマ」は、ギリシア語で「神さまの食べもの」という意味。マヤやアステカの古代文明では神々への大切な捧げものだったのです。


カカオは1本の木に年間6000もの小花を咲かせますが、結実するのはわずか1〜3%。花粉を運ぶ昆虫、果実を食べて種子を運ぶ哺乳類、生育を助けてくれる菌など、カカオは多様な生物環境に支えられて初めて実を結ぶことができるのだそう。

運よく実を結んだカカオは半年もかけて熟成します。会場では本物のカカオの実に触ることができますが、「想像以上に大きい!」という印象。堅く厚い果皮を割ると、チョコレートとは似ても似つかぬ白くジューシーな果肉の中に20〜60個の種子がぎっしり。その種子こそがチョコレートの原料となるカカオ豆の正体なのです。

チョコレートはもともと飲み物だった!

4000年の歴史を持つカカオチョコレート。その原型はいまのような固形ではなく、マヤなど中米の古代文明の高貴な人々に珍重され、神に奉納される「飲み物」でした。当時はカカオ豆を発酵、乾燥、焙炒したものを磨砕してペースト状にし、水や唐辛子などを加えて泡立てたものを飲んでいたようです。やがて16世紀の大航海時代になると、スペインの探検家によってカカオが南米からヨーロッパにもたらされ、フランスやイギリスなどの貴族たちに広まっていきました。


マヤ時代の王族や貴族がカカオの飲料を飲むときに使用していた土器には、マヤ独特の象形文字や宮廷の様子などが描かれています。

エキゾチックで栄養があるカカオの飲料(チョコレート)はヨーロッパでも大人気で、裕福な紳士淑女は目覚めにチョコレートを飲むのを好んだそう。

ヨーロッパの貴族たちが愛用した銀器や陶器のチョコレート・ポットやカップ、木製の泡立て棒モリニーリョなどのコレクションが会場にずらり。ヨーロッパでは砂糖を入れて飲まれていたようです。


気分はカカオ豆!チョコレート工場で製造過程を体感!

チョコレートはさまざまな工程を経て、私たちの口に届きます。会場にはチョコレート工場を模したコーナーがあり、カカオ豆になった気分で、カカオの外皮を風で飛ばしたり、カカオの実を熱風で焙煎するなど、美味しいチョコレートができあがるプロセスを疑似体験できます。

チョコレートとココアの違いは?
チョコレートもココアも全て同じカカオ豆からつくられますが、それぞれ製法が異なります。ちなみに、ココアを発明したのは、いまもココアの代名詞になっているオランダのクンラート・バンホーテン。固形チョコを初めて製造したのはイギリスのフライ社。いずれも19世紀のことで、紀元前から続くチョコレートをめぐる歴史の中では、まだ日が浅いといえます。

チョコレートのパンダやトリケラトプスも登場!

会場の最終ゾーンには、国立科学博物館の名物、パンダや忠犬ハチ公、ティラノサウルス、トリケラトプスなどをテーマにチョコレートで制作された造形物があるので、記念撮影に最適!また、第2会場には珍しいチョコレートアイテムや会場限定のオリジナルグッズがずらり。


チョコレートで作られたパンダ

チョコレートで作られたトリケラトプス

第2会場で売っている『チョコレート展』のガイドブック(税込1200円)も板チョコをモチーフにしたデザイン。チョコレートに関する知識が満載です。





愛の深さよりカカオのディープさで勝負?ひと味違うこだわりのバレンタインチョコ

今年のバレンタインデイは、カカオの濃度やチョコの歴史にこだわったひと味違うヘルシーなチョコレートをプレゼントしてみてはいかが?「チョコは大好物だけど、糖分は控えないとなぁ…」というお父さんにおすすめのチョコもご紹介!


チョコ1 ヨーロッパ貴族に愛された本格派ショコラ ショー

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマでは、中世フランスの王侯貴族たちが愛用したようなモリニーリョ付のチョコレート・ポットで、当時を思わせるピリッとスパイシーなカカオ約70%の本格派「ショコラ ショー スパイス味」(チョコレートの飲み物)が堪能できます。(税込780円)
THEOBROMA 公式サイト
http://www.theobroma.co.jp/


チョコ2 世界初!元祖カカオ100%チョコレート

世界で初めて100%カカオのチョコレートを実現したイタリアのドモーリ社。その創始者ジャンルーカ・フランゾーニ氏が、ベネズエラで希少なクリオーロ種に出会ってつくり上げた、チョコレートコンクール金賞受賞の逸品です。(税込630円)


チョコ3 砂糖・ミルク不使用!究極のピュアチョコレート

カカオ100%で砂糖もミルクも不使用。芳醇なコクとほろ苦さが癖になるショコラテリエ サティーの「ピュアチョコレート」は、糖分を控えている方におすすめ。お料理の隠し味に入れると旨みがアップ!(オリジナル陶器付85g 税込2625円、詰め替え用50gもあり 税込525円)
Satieサティー 公式サイト
http://www.satie-choco.co.jp/


チョコ4 違いが分る?カカオ濃度の異なる食べ比べチョコ

国立科学博物館『チョコレート展』で販売している「食べ比べチョコ」。カカオマス55%、62%、72%のガーナチョコが入っており、割合が違うと味わいも微妙に違います。 ぜひパートナーや家族で当て比べを楽しんでみて!(税込315円)


チョコ5 チョコレートドリンクにもなるキャビアそっくりチョコ

ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマの「キャビア(チョコレート)」は、カカオ70%近い粒状のフランス産クーベルチュールチョコレートが、まさにキャビアの如く缶にぎっしり! ホットミルクに融かしてチョコレートドリンクにしても美味です。(税込1575円)
THEOBROMA 公式サイト
http://www.theobroma.co.jp/


チョコ6 “チョコレート麦芽”を使ったビターチョコ風味の黒ビール

サンクトガーレンの「インペリアルチョコレートスタウト」は、チョコレート麦芽によって高カカオチョコのようなほろ苦くビターな風味を引き出したコクウマ黒ビール。甘味が苦手なお酒好きのパパにおすすめ!アルコール分8.5% ※カカオは入っていません (税込630円)
サンクトガーレン 公式サイト
http://www.sanktgallenbrewery.com/






チョコレートって、実に奥が深いですね。ダイエットや健康によくないと思ってチョコレートを我慢していた方も、これからは堂々とチョコレートを食べましょう!チョコレートの健康効果に関する研究も、近年ますます増えているそうなので、さらに新しい効能が明らかになるかもしれませんね。