薬酒について

数多い中国の薬酒

中国の薬酒の歴史を見ると、古代中国の歴史書『史記』の中にその記載があります。史記の『列伝第四十五扁鵲 (へんじゃく)倉公』の中に、「戦国時代の名医扁鵲は治療にあたって薬酒を用いた」とあり、中国でもかなり古くから用いられていたことがわかります。さらに今から2000年ほど前の漢の時代、中国全域の医薬術の経験が集大成され、一つの医学として体系化されました。これが「漢方」ですが、その古典の一つに『神農本草経』という書物があります。

その中に「薬物には煎じてよろしきもの、丸にしてよろしきもの、酒に浸して(薬酒にして)よろしきものあり…。それぞれの性質を活かして用いよ」とあり、薬酒が漢方の内用薬の一つとして、その成立当時から用いられていたことを伝えています。

このため、中国の薬酒は種類 が多く、16世紀末に著された『本草網目』という薬物書には69種の薬酒名が挙げられています。しかし、これらは薬草1種類だけで造られる単味のもので、2種以上の薬物を組み合わせて造られる薬酒は数え切れないと記されていて、現在でも1000種もの薬酒が飲まれているといわれています。

薬酒なるほどMEMO

仙薬(せんやく)

古代中国の神仙思想による不老不死のための薬。秦の始皇帝は仕人の徐福に命じてこの不死薬を東方に探させたといわれる(徐福はその薬を求めて日本に渡来したという話があり、和歌山県新宮市にその墓碑がある)。後の漢の時代には仙薬は人間の手で創出しようと多くの試みがなされ、薬酒も数多く造られた。